X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
ペイシェント (4) 4
リハビリテーション (4) 4
患者 (4) 4
リハビリ (3) 3
多型 (3) 3
急性 (3) 3
遺伝 (3) 3
遺伝子 (3) 3
community medical coordination (2) 2
hip fracture (2) 2
pathway (2) 2
sequential organ failure assessment (2) 2
stanford a 型急性大動脈解離 (2) 2
こうそく (2) 2
プロモータ (2) 2
プロモーター (2) 2
プロモーター領域 (2) 2
モータ (2) 2
モーター (2) 2
受動運動 (2) 2
因子 (2) 2
多臓器不全 (2) 2
影響 (2) 2
心筋 (2) 2
心筋こうそく (2) 2
心筋梗そく (2) 2
心筋梗塞 (2) 2
急性心筋こうそく (2) 2
急性心筋梗塞 (2) 2
梗そく (2) 2
梗塞 (2) 2
総会 (2) 2
記事 (2) 2
足関節 (2) 2
運動 (2) 2
関節 (2) 2
関連 (2) 2
領域 (2) 2
acute myocardial infarction (1) 1
app-90 (1) 1
body composition (1) 1
lich-gregoir法 (1) 1
multiple organ failure (1) 1
phase 2 cardiac rehabilitation (1) 1
rehabilitation (1) 1
type a acute aortic dissection (1) 1
ぼうこう (1) 1
ぼうこうがん (1) 1
インピーダンス (1) 1
カイン (1) 1
クリティカルパス (1) 1
クリニカルパス (1) 1
サイト (1) 1
サイトカイン (1) 1
ジェット (1) 1
スコア (1) 1
スター (1) 1
ダンス (1) 1
ティカル (1) 1
ティカル遺跡 (1) 1
デバイ (1) 1
デバイス (1) 1
ニュー (1) 1
ニューロリハビリテーション (1) 1
ノズル (1) 1
ノズル形状 (1) 1
バイス (1) 1
ポスター (1) 1
ポテンシャル (1) 1
レーザ (1) 1
レーザー (1) 1
レーザー計測 (1) 1
不全 (1) 1
予測 (1) 1
体組成 (1) 1
体重 (1) 1
冠危険因子 (1) 1
出口 (1) 1
利用 (1) 1
前立せんがん (1) 1
前立腺 (1) 1
前立腺がん (1) 1
前立腺ガン (1) 1
前立腺癌 (1) 1
効果 (1) 1
動脈 (1) 1
危険 (1) 1
危険因子 (1) 1
吹出 (1) 1
吹出し (1) 1
吹出し口 (1) 1
吹出口 (1) 1
噴流 (1) 1
回復 (1) 1
回復期 (1) 1
回復期心臓リハビリテーション (1) 1
地域 (1) 1
増加 (1) 1
増殖 (1) 1
増殖因子 (1) 1
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


Shinzo, ISSN 0586-4488, 2011, Volume 43, Issue 2, pp. 174 - 180
背景: 禁煙は虚血性心疾患を含むさまざまな疾患に対して効果的な予防方法となる一方で, 禁煙後の体重増加により, 冠危険因子の悪化が生じることが健常者で報告されている. 本研究は, 急性心筋梗塞(acute myocardial infarction; AMI)後患者に対する禁煙後の体重増加が血圧,... 
体重 | 心筋梗塞 | 冠危険因子 | 禁煙
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2016, Volume 43, Issue 2, pp. 98 - 106
【目的】Stanford A 型急性大動脈解離(以下,AAAD)患者において,術後の多臓器不全の評価が,術後早期のリハビリテーション(以下,リハ)の目標達成(術後15日以内の100 m 歩行の自立)を予測できるか否かを検討した。【方法】人工血管置換術を受けた180例のAAAD... 
Sequential organ failure assessment | stanford A 型急性大動脈解離 | リハビリテーション | 多臓器不全
Journal Article
日本関節病学会誌, ISSN 1883-2873, 2014, Volume 33, Issue 4, pp. 487 - 494
「はじめに」地域連携クリティカルパス (以下, 地域連携パス) は, 2006年4月の診療報酬改訂において医療機関の機能分化および急性期と回復期病院の切れ目ない連携により医療の質を守るという目的で, 本邦にて制度化された. 当院においても, 2010年9月より大腿骨近位部骨折 (hip fracture, 以下HF)... 
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2003, Volume 94, Issue 2, p. 155
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2002, Volume 93, Issue 2, p. 411
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2016
【目的】Stanford A 型急性大動脈解離(以下,AAAD)患者において,術後の多臓器不全の評価が,術後早期のリハビリテーション(以下,リハ)の目標達成(術後15日以内の100 m 歩行の自立)を予測できるか否かを検討した。【方法】人工血管置換術を受けた180例のAAAD... 
stanford A 型急性大動脈解離 | リハビリテーション | 多臓器不全 | Sequential organ failure assessment
Journal Article
ライフサポート, ISSN 1341-9455, 2008, Volume 20, Issue Supplement, pp. 103 - 103
Journal Article
ライフサポート, ISSN 1341-9455, 2008, Volume 20, Issue Supplement, pp. 51 - 51
Journal Article
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, ISSN 1341-4534, 07/2001, Volume 2001, pp. 1115 - 1116
Journal Article
Rēzā kenkyū, ISSN 0387-0200, 1994, Volume 22, Issue Supplement, pp. 211 - 219,224
Journal Article
日本輸血学会雑誌, ISSN 0546-1448, 2004, Volume 50, Issue 2, pp. 337 - 337
輸血時に白血球除去フィルターを使用し, 発熱血圧低下など輸血による細菌感染症類似の臨床症状を繰り返し呈した2症例を経験したので報告する. 【症例1】尿管癌の化学療法放射線療法のため入院中であった. 前回入院時(7ヶ月前)に赤血球MAP2単位(T社白血球除去フィルター使用)を2回施行したが2回とも発熱を認めたため,... 
Journal Article
空気調和・衛生工学会大会 近畿支部発表会論文集, ISSN 2185-9175, 1972, Volume 1971, pp. 17 - 20
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.