X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
ペイシェント (5) 5
リハビリテーション (5) 5
患者 (5) 5
リハビリ (4) 4
動脈 (3) 3
因子 (3) 3
急性 (3) 3
検討 (3) 3
関係 (3) 3
community medical coordination (2) 2
hip fracture (2) 2
pathway (2) 2
sequential organ failure assessment (2) 2
stanford a 型急性大動脈解離 (2) 2
こうそく (2) 2
不全 (2) 2
両心室ペーシング機能つき植込み型除細動器 (2) 2
多臓器不全 (2) 2
大動脈 (2) 2
影響 (2) 2
心筋 (2) 2
心筋こうそく (2) 2
心筋梗そく (2) 2
心筋梗塞 (2) 2
急性心筋こうそく (2) 2
急性心筋梗塞 (2) 2
慢性心不全 (2) 2
梗そく (2) 2
梗塞 (2) 2
植込み型除細動器 (2) 2
特徴 (2) 2
血管内皮機能 (2) 2
運動耐容能 (2) 2
関連 (2) 2
100 m 歩行自立 (1) 1
100-m independent ambulation (1) 1
80 歳以上 (1) 1
acute myocardial infarction (1) 1
advanced glycation end products (1) 1
after cardiovascular surgery (1) 1
body composition (1) 1
chronic (1) 1
copd (1) 1
coronary artery bypass grafting (1) 1
decision-making (1) 1
delay factor (1) 1
failure (1) 1
indication (1) 1
monitoring (1) 1
multiple organ failure (1) 1
nutritional (1) 1
outcome (1) 1
patients (1) 1
patients aged 〓80 years (1) 1
phase 2 cardiac rehabilitation (1) 1
postoperative cardiac rehabilitation (1) 1
postoperative rehabilitation (1) 1
pre-frailty (1) 1
problems (1) 1
rehabilitation (1) 1
relation (1) 1
respiratory (1) 1
sarcopenia (1) 1
skeletal muscle mass (1) 1
skeletal muscle mass index (1) 1
skin autofluorescence (1) 1
static standing balance (1) 1
status (1) 1
subarachnoid hemorrhage (1) 1
thoracic aortic aneurysm (1) 1
thoracoabdominal aortic aneurysm (1) 1
type a acute aortic dissection (1) 1
えるむ (1) 1
むち打ち (1) 1
むち打ち傷害 (1) 1
むち打ち損傷 (1) 1
むち打ち症 (1) 1
むち打ち関連障害 (1) 1
アンケート 調査 (1) 1
アンケート調査 (1) 1
クリティカルパス (1) 1
クリニカルパス (1) 1
グリケーション (1) 1
サルコペニア (1) 1
スコア (1) 1
ストレッチング (1) 1
ティカル (1) 1
ティカル遺跡 (1) 1
バイパス (1) 1
バランス (1) 1
フレイル (1) 1
プレフレイル (1) 1
メイラード反応 (1) 1
ランス (1) 1
予測 (1) 1
体組成 (1) 1
体重 (1) 1
冠動脈 (1) 1
冠危険因子 (1) 1
効果 (1) 1
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


理学療法科学, ISSN 1341-1667, 2018, Volume 33, Issue 6, pp. 991 - 996
「要旨:」[目的]プレフレイルと静的立位バランス(静的バランス)との関係を検証すること. [対象と方法]銀座医院を受診した187名を対象とし, 健常群101名, プレフレイル群86名に分類した. 調査項目は対象の背景, 握力, 骨格筋指数(SMI), 静的バランスの指標である矩形面積とした.... 
Journal Article
Shinzo, ISSN 0586-4488, 2011, Volume 43, Issue 2, pp. 174 - 180
背景: 禁煙は虚血性心疾患を含むさまざまな疾患に対して効果的な予防方法となる一方で, 禁煙後の体重増加により, 冠危険因子の悪化が生じることが健常者で報告されている. 本研究は, 急性心筋梗塞(acute myocardial infarction; AMI)後患者に対する禁煙後の体重増加が血圧,... 
体重 | 心筋梗塞 | 冠危険因子 | 禁煙
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2018, Volume 45, Issue 3, pp. 175 - 182
【目的】植込み型除細動器(以下,ICD)あるいは両心室ペーシング機能つき植込み型除細動器(以下,CRT-D)を装着した慢性心不全(以下,CHF)患者に対するストレッチング体操が,血管内皮機能と運動耐容能に与える影響を検討した。【方法】対象をICD あるいはCRT-D が植え込まれた運動習慣のないCHF 患者32... 
両心室ペーシング機能つき植込み型除細動器 | 慢性心不全 | 植込み型除細動器 | 血管内皮機能 | 運動耐容能
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2014, Volume 41, Issue 8, pp. 639 - 644
「はじめに」 むち打ち損傷関連障害(whiplash-associated disorder: 以下, WAD)は「自動車衝突事故, あるいは飛びこみ事故や偶発事故において, 後方あるいは側方からの衝撃により頸部にもたらされるエネルギー転移が加速-減速メカニズムで生じること」(ケベック報告)と定義され,... 
むち打ち関連障害 | 広汎性侵害抑制調節 | ストレッチング
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2016, Volume 43, Issue 2, pp. 98 - 106
【目的】Stanford A 型急性大動脈解離(以下,AAAD)患者において,術後の多臓器不全の評価が,術後早期のリハビリテーション(以下,リハ)の目標達成(術後15日以内の100 m 歩行の自立)を予測できるか否かを検討した。【方法】人工血管置換術を受けた180例のAAAD... 
Sequential organ failure assessment | stanford A 型急性大動脈解離 | リハビリテーション | 多臓器不全
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2015, Volume 42, Issue 6, pp. 503 - 510
【目的】胸部大動脈瘤(以下,TAA),胸腹部大動脈瘤(以下,TAAA)術後のリハビリテーション(以下,術後リハ)の術式別の特徴を把握する。【方法】待機的手術を施行したTAA,TAAA 患者204 例(男性:153 例,女性:51 例,68 ± 13... 
胸腹部大動脈瘤 | 術後リハビリテーション | 胸部大動脈瘤
Journal Article
総合健診, ISSN 1347-0086, 2020, Volume 47, Issue 1, pp. 116 - 116
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2015, Volume 42, Issue 6, pp. 487 - 493
【目的】80 歳以上における心大血管手術後のリハビリテーション進行状況を明らかにし,100 m 歩行自立の阻害因子を検討すること。【方法】対象は全国12 施設において心大血管手術を受けた80 歳以上の557 例(男性278 例,平均83.3 歳)。100 m 歩行自立が術後5 日以内を早期自立群,6 ~8... 
心大血管手術後 | 80 歳以上 | 100 m 歩行自立
Journal Article
Nihon Shūchū Chiryō Igakkai zasshi, ISSN 1340-7988, 2014, Volume 21, Issue 6, pp. 601 - 606
Journal Article
日本関節病学会誌, ISSN 1883-2873, 2014, Volume 33, Issue 4, pp. 487 - 494
「はじめに」地域連携クリティカルパス (以下, 地域連携パス) は, 2006年4月の診療報酬改訂において医療機関の機能分化および急性期と回復期病院の切れ目ない連携により医療の質を守るという目的で, 本邦にて制度化された. 当院においても, 2010年9月より大腿骨近位部骨折 (hip fracture, 以下HF)... 
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2018
【目的】植込み型除細動器(以下,ICD)あるいは両心室ペーシング機能つき植込み型除細動器(以下,CRT-D)を装着した慢性心不全(以下,CHF)患者に対するストレッチング体操が,血管内皮機能と運動耐容能に与える影響を検討した。【方法】対象をICD あるいはCRT-D が植え込まれた運動習慣のないCHF 患者32... 
両心室ペーシング機能つき植込み型除細動器 | 植込み型除細動器 | 血管内皮機能 | 運動耐容能 | 慢性心不全
Journal Article
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, ISSN 1881-7319, 2009, Volume 19, Issue 2, pp. 136 - 140
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2016
【目的】Stanford A 型急性大動脈解離(以下,AAAD)患者において,術後の多臓器不全の評価が,術後早期のリハビリテーション(以下,リハ)の目標達成(術後15日以内の100 m 歩行の自立)を予測できるか否かを検討した。【方法】人工血管置換術を受けた180例のAAAD... 
stanford A 型急性大動脈解離 | リハビリテーション | 多臓器不全 | Sequential organ failure assessment
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2004, Volume 31, Issue suppl-2.1, pp. 244 - 244
当院の呼吸リハピリではCOPDなどの慢性の2型呼吸不全患者が多い. 慢性呼吸不全は低酸素だけではなく高炭酸ガスや酸塩基平衡の異常を伴うため動脈血液ガス分析が欠かせない. しかし実際はパルスオキシメーターによる酸素飽和度で評価しているにすぎない. 今回換気状態をより客観的に評価するため,... 
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 2005, Volume 32, Issue suppl-2.1, pp. 299 - 299
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.