X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
九州 (6) 6
地区 (6) 6
小児 (6) 6
治療 (6) 6
神経 (6) 6
神経芽 (6) 6
悪性 (5) 5
しゅよう (4) 4
研究 (4) 4
神経芽腫 (4) 4
腫瘍 (4) 4
グルー (3) 3
グループ (3) 3
プスタ (3) 3
ループ (3) 3
免疫 (3) 3
外科 (3) 3
小児外科 (3) 3
悪性しゅよう (3) 3
悪性腫瘍 (3) 3
成績 (3) 3
検討 (3) 3
治療成績 (3) 3
症例 (3) 3
研究会 (3) 3
転移 (3) 3
5-fluorouracil (2) 2
murine leukemia cell p388 (2) 2
nude mouse (2) 2
whole body autoradiography (2) 2
アブス (2) 2
アブストラクト (2) 2
サマリー (2) 2
ストラ (2) 2
マリー (2) 2
リンパ (2) 2
リンパ腫 (2) 2
因子 (2) 2
報告 (2) 2
失語症 (2) 2
実態調査 (2) 2
悪性リンパ (2) 2
悪性リンパ腫 (2) 2
神経芽細胞 (2) 2
神経芽細胞腫 (2) 2
細胞 (2) 2
細胞腫 (2) 2
臨床 (2) 2
芽細胞 (2) 2
芽細胞腫 (2) 2
調査 (2) 2
調査報告 (2) 2
転移性 (2) 2
進行 (2) 2
animals (1) 1
autoantibodies (1) 1
autoradiography (1) 1
carbon radioisotopes (1) 1
cea (1) 1
clinical study (1) 1
combined chemotherapy (1) 1
fluorouracil - administration & dosage (1) 1
fluorouracil - metabolism (1) 1
group study (1) 1
injections, intraperitoneal (1) 1
leukemia p388 - metabolism (1) 1
leukemia, experimental - metabolism (1) 1
lymphocyte subpopulations (1) 1
male (1) 1
mice (1) 1
mice, nude (1) 1
monoclonal-purified factor ix concentrate (1) 1
myasthenia gravis in children (1) 1
neuroblastoma (1) 1
pha blas transfoumation (1) 1
serum immunoglobulins (1) 1
solvent/detergent treatment (1) 1
time factors (1) 1
tissue distribution (1) 1
treatment of hemophilia (1) 1
クロー (1) 1
モノクロ (1) 1
モノクロナル抗体 (1) 1
モノクローナル抗体 (1) 1
モノクローム (1) 1
モノクローン抗体 (1) 1
ラージエディシミュレーション (1) 1
不明熱 (1) 1
中心 (1) 1
予後 (1) 1
予防 (1) 1
共同 (1) 1
凝固 (1) 1
効果 (1) 1
嚢胞 (1) 1
嚢胞腺癌 (1) 1
好中球 (1) 1
実在都市 (1) 1
小児期 (1) 1
小児科 (1) 1
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


日本消化器病学会雑誌, ISSN 0446-6586, 2003, Volume 100, Issue 6, pp. 685 - 690
症例1は77歳, 女性. 回盲部に腫瘤を認め, 虫垂粘液嚢腫の診断で回盲部切除術を施行した. 症例2は46歳, 男性. 急性虫垂炎の診断で手術を施行, 虫垂腫瘤と腹腔内に多量の粘液を認め, 回盲部切除術と粘液除去術を施行した. 両症例で血清および粘液中のCEAは高値を示し, 組織は虫垂粘液嚢胞腺癌であった. 
虫垂粘液嚢腫 | 虫垂粘液嚢胞腺癌 | CEA
Journal Article
by 黒河内, 智 and 岡部, 政之 and 斎藤, 三良 and 森田, 晋作 and 塩川, 善郎 and 市川, 昌和 and 菅野, 誠一郎 and 臼井, 建人 and 須藤, 孝一 and 吉信, 達夫 and 岩崎, 裕 and 田中, 洋晶 and 奥野, 公夫 and 三浦, 忠男 and 角谷, 透 and 本多, 克也 and 田中, 俊一郎 and 井口, 征夫 and 鈴木, 一弘 and 高橋, 夏木 and 大久保, 治 and 沢平, 嘉浩 and 佐藤, 彰繁 and 菊地, 直人 and 草野, 英二 and 南戸, 秀仁 and 金原, 粲 and 成島, 哲也 and 板倉, 明子 and 河邊, 隆也 and 北島, 正弘 and 北河, 勝 and 大谷, 寿幸 and 長濱, 博之 and 横山, 誠一郎 and 荒川, 一郎 and 安達, 俊 and 平山, 孝人 and 見附, 孝一郎 and 桜井, 誠 and 五十嵐, 慎一 and 阿部, 雪子 and 入江, 泰雄 and 神戸, 美雪 and 戸坂, 亜希 and 浜松, 諭子 and 石井, 聖土 and 則光, 良幸 and 須東, 稔実 and 生方, 則往 and 老沼, 良浩 and 斉藤, 茂 and 加藤, 正明 and 田島, 健一 and 堀本, 大介 and 大手, 丈夫 and 小島, 明 and 大井, 聖也 and 塩谷, 隆 and 小林, 和彦 and 中島, 秀文 and 横山, 哲志 and 小原, 宏之 and 酒井, 創 and 大越, 康宏 and 小池, 卓郎 and 内村, 幸一郎 and 田畑, 仁 and 川合, 知二 and 日比野, 豊 and 徐, 國春 and 鈴木, 泰雄 and 谷原, 正夫 and 今西, 幸男 and 杉沼, 茂実 and 平田, 正紘 and 秋道, 斉 and 竹内, 協子 and 辻, 泰 and 土佐, 正弘 and 笠原, 章 and 李, 京〓 and 吉原, 一紘 and 田中, 智成 and 澤田, 雅 and 杉山, 渉 and 織田, 晃祐 and 山内, 大輔 and 佐藤, 忍 and 田中, 正俊 and 岸田, 将明 and 富取, 正彦 and 朝倉, 清高 and 田, 旺帝 and 岩澤, 康裕 and 垣谷, 公徳 and 加地, 博子 and 矢城, 陽一朗 and 吉森, 昭夫 and 岡本, 昭夫 and ...
真空, ISSN 0559-8516, 1999, Volume 42, Issue 3, pp. 417 - 495
Journal Article
by 湊, 道夫 and 伊藤, 好男 and 一村, 信吾 and 国分, 清秀 and 平田, 正紘 and 塚原, 園子 and 斉藤, 一也 and 池田, 佳直 and 斉藤, 芳男 and 渡邊, 剛 and 佐伯, 宏 and 正木, 満博 and 鈴木, 康明 and 谷内, 友希子 and 野田, 隆 and 前野, 理生 and 〓, 碩喜 and 大熊, 春夫 and 土佐, 正弘 and 笠原, 章 and 吉原, 一紘 and 菅野, 誠一郎 and 橘内, 浩之 and 妻木, 伸夫 and 中山, 正昭 and 西村, 仁 and 白井, 賢治 and 小林, 信一 and 荻原, 徳男 and 大平, 恵一 and 佐藤, 隆幸 and 道園, 真一郎 and 杉沼, 茂実 and 高橋, 研 and 岡本, 昭夫 and 野坂, 俊紀 and 吉竹, 正明 and 小川, 倉一 and 小林, 和彦 and 野口, 正俊 and 中島, 秀文 and 小原, 宏之 and 酒井, 創 and 小越, 康弘 and 小池, 卓郎 and 長谷川, 秀雄 and 井口, 征夫 and 鈴木, 一弘 and 大久保, 治 and 高橋, 夏木 and 寺井, 真之 and 長谷川, 徳慶 and 奥沢, 昌彦 and 大島, 忠平 and 大谷, 茂樹 and 尾高, 憲二 and 佐藤, 修 and 塩川, 善郎 and 市川, 昌和 and AKAISHI, Kenya and EZAKI, Kazuhiro and KUBOTA, Yusuke and MOTOJIMA, Osamu and 木谷, 正克 and 黒河, 明 and 加地, 博子 and 垣谷, 公徳 and 矢城, 陽一朗 and 吉森, 昭夫 and 青木, 孝憲 and 戸田, 昌吾 and 浜路, 和昭 and 鈴木, 晶雄 and 松下, 辰彦 and 奥田, 昌宏 and 田中, 大介 and 藤原, 武 and 前田, 光章 and 竹原, 伸彦 and 疋田, 光孝 and 伊ヶ暗, 泰宏 and 佐藤, 彰繁 and 北河, 勝 and 黒田, 靖信 and 草野, 英二 and 金原, あきら and 河内, 泰三 and 福谷, 克之 and 岡野, 達雄 and 岸本, 俊二 and 張, 小威 and 川崎, 豊誠 and 坂井, 大輔 and 井藤, 浩志 and 市ノ川, 竹男 and 大島, 忠平 and 安, 東秀 and 久保, 洋士 and 後藤, 康仁 and 辻, 博司 and ...
真空, ISSN 0559-8516, 1998, Volume 41, Issue 3, pp. 335 - 400
Journal Article
アレルギー, ISSN 0021-4884, 06/1979, Volume 28, pp. 475 - 483
重症筋無力症が自己免疫によりおこることを示唆する成績が, Nastuckらによつて報告されて以来, 本症に対して種々の免疫学的アプローチがおこなわれている.しかしながら, 小児期重症筋無力症では成人のそれにくらべ免疫学的異常を示唆する所見に乏しい傾向がみられる.そこで小児期の本症の特徴を明らかにするために,... 
Journal Article
日本血栓止血学会誌, ISSN 0915-7441, 1991, Volume 2, Issue 4, pp. 302 - 310
In order to reduce risk factors in the treatment of hemophilia B with prothrombin complex concentrates, a new coagulation factor IX concentrate (GA-1013) was... 
clinical study | treatment of hemophilia | monoclonal-purified factor IX concentrate | solvent/detergent treatment
Journal Article
RADIOISOTOPES, ISSN 0033-8303, 1983, Volume 32, Issue 9, pp. 411 - 415
ヌードマウス (BALB/c-nu) にマウス白血病細胞であるP388を移植して7日後に, 制がん剤の1つである5-フルオロウラシル (5FU) の第6炭素をラベルしたものを370kBq (10μCi) 腹腔内注射をして10分, 30分, 1時間, 4時間後に,... 
5-fluorouracil | nude mouse | whole body autoradiography | murine leukemia cell P388
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1985, Volume 21, Issue 6, p. 1076
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1985, Volume 21, Issue 6, pp. 1076 - 1077
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1972, Volume 8, Issue 4, pp. 454 - 457
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1972, Volume 8, Issue 4, pp. 488 - 492
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1984, Volume 20, Issue 2, p. 462
Journal Article
アレルギー, ISSN 0021-4884, 08/1981, Volume 30
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1984, Volume 20, Issue 7, pp. 1315 - 1322
The prognosis of the advanced neuroblastoma still remains very poor in spite of the recent advances in the therapies of children's cancers. For the purpose of... 
Combined chemotherapy | Neuroblastoma | Group study
Journal Article
日本輸血学会雑誌, ISSN 0546-1448, 1982, Volume 28, Issue 2, pp. 235 - 236
当センターでは,1977年よりFiltration Leukapheresis(FL)法によって顆粒球採集を行っているが,今回は医療機関の要請を受けて,献血者へのステロイド投与によるFL法顆粒球採集を行ったので報告する.... 
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1975, Volume 11, Issue 5, pp. 639 - 641
1.悪性リンパ腫の生存期間はstageの因子が大きく, stageの正確な判定は治療上重要である.2.頸部原発の悪性リンパ腫の生存期間は, 他の部位原発より長く, とくにHodgでは頸部以外の部位原発は予後が悪いと考えられる.3.リンパ肉腫で中枢神経系浸潤が50%にみられ,... 
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1975, Volume 11, Issue 5, pp. 623 - 629
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1972, Volume 8, Issue 4, pp. 487 - 488
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.