X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
研究 (207) 207
実験 (153) 153
検討 (106) 106
小児 (73) 73
臨床 (67) 67
実験的 (62) 62
学会 (61) 61
日本 (61) 61
評価 (58) 58
影響 (48) 48
基礎 (46) 46
調査 (46) 46
一般 (42) 42
大会 (41) 41
解析 (41) 41
学術 (39) 39
効果 (37) 37
治療 (35) 35
領域 (33) 33
システム (32) 32
化学 (32) 32
実践 (32) 32
報告 (31) 31
教育 (31) 31
構造 (29) 29
環境 (29) 29
トレハロース (28) 28
小児科 (28) 28
生物 (28) 28
講演 (28) 28
利用 (26) 26
研究会 (26) 26
細胞 (26) 26
ハロー (25) 25
ロース (25) 25
医学 (23) 23
実態調査 (23) 23
情報 (22) 22
技術 (22) 22
果実 (22) 22
考察 (22) 22
計測 (22) 22
障害 (22) 22
たんぱく質 (21) 21
アレルギー (21) 21
タンパク質 (21) 21
プロテイン (21) 21
実態 (21) 21
測定 (21) 21
蛋白質 (21) 21
trehalose (20) 20
たんぱく (20) 20
たん白 (20) 20
タンパク (20) 20
実習 (20) 20
比較 (20) 20
疾患 (20) 20
蛋白 (20) 20
計算 (20) 20
ステム (19) 19
実施 (19) 19
実証 (19) 19
神経 (19) 19
秋季 (19) 19
療法 (18) 18
部会 (18) 18
関係 (18) 18
中心 (17) 17
医療 (17) 17
大学 (17) 17
工学 (17) 17
患者 (17) 17
振動 (17) 17
撮影 (17) 17
animals (16) 16
くだもの (16) 16
フルーツ (16) 16
ペイシェント (16) 16
モデル (16) 16
学生 (16) 16
果物 (16) 16
症例 (16) 16
試験 (16) 16
study (15) 15
マウス (15) 15
処理 (15) 15
東京 (15) 15
特性 (15) 15
科学 (15) 15
装置 (15) 15
視覚 (15) 15
しゅよう (14) 14
レーション (14) 14
一般研究 (14) 14
分子 (14) 14
力学 (14) 14
反応 (14) 14
年度 (14) 14
感染 (14) 14
施設 (14) 14
more...
Library Location Library Location
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


Tairyoku kagaku. Japanese journal of physical fitness and sports medicine, ISSN 0039-906X, 2014, Volume 63, Issue 1, pp. 16 - 16
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. SR, スマート無線, ISSN 0913-5685, 10/2014, Volume 114, pp. 75 - 79
...分離方式を試作基地局および端末装置に実装し,C/U分離HetNetの実現可能性を検討している.本稿では,C/U分離方式の概要と,開発したC/U分離HetNet実験装置の構成および動作検証過程を報告する. Research on the combination of heterogeneous networks... 
Journal Article
基礎心理学研究, ISSN 0287-7651, 2012, Volume 31, Issue 1, pp. 1 - 11
We examined the perception of depth and stability when viewing a video movie made with a camera that moved laterally back and forth 65mm. The two viewing... 
observer-produced motion parallax | video movie of actual object | motion perception | depth perception
Journal Article
Japanese journal of crop science, ISSN 0011-1848, 2011, Volume 80, Issue 1, pp. 90 - 95
春まきコムギの子実タンパク質含有率を推定するために,穂揃期の生育診断法について検討した.試験は北海道立上川農業試験場と近隣市町農家圃場で3~4か年行った.まず,成熟期の窒素吸収量,収量,子実タンパク質含有率の関係を精査した.その結果,成熟期の窒素吸収量を窒素吸収量2 g m-2水準別に区切り,各区切り毎に子実タンパク質... 
葉色 | タンパク含有率 | 収量 | コムギ | 生育診断 | | 春まきコムギ | | 診断 | 子実タンパク質含有率 | 穂揃期 | 生育 | 推定
Journal Article
医療情報学, ISSN 0289-8055, 2007, Volume 27, Issue 3, pp. 289 - 296
...を基に,実際の業務改善の前後に行ったタイムスタディの分析結果を比較することにより,この分析手法が業務改善の評価に有効であるかどうかを検討した.シミュレーションデータは1分単位で記録された実際の業務の項目別の量に基づいて作成した.セグメント時系列解析はシミュレーションデータ,実データともにセグメント区間を24時間(1,440... 
タイムスタディ | 最大エントロピー法
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, ISSN 0913-5685, 02/2015, Volume 114, pp. 51 - 56
... 
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット, ISSN 0913-5685, 02/2015, Volume 114, pp. 51 - 56
... 
Journal Article
Japanese journal of crop science, ISSN 0011-1848, 2009, Volume 78, Issue 1, pp. 9 - 16
春まきコムギにおける開花期以降の尿素葉面散布が, 収量, 子実タンパク質含有率に与える効果と, その効果が栽培条件の違いによりどのような影響を受けるか検討した. 北海道北部地域3地点でパン用春まきコムギ「春よ恋」を様々な窒素施肥条件下で栽培し, 開花期以降に尿素葉面散布(1回につき窒素成分で0.92 g m-2, 計... 
春まきコムギ | タンパク含有率 | 春よ恋 | 葉面散布 | 散布区 | 尿素葉面散布 | 子実タンパク質含有率 | タンパク質含有率 | 開花期 | 効果 | 収量 | 条件下
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, ISSN 0913-5685, 06/2012, Volume 112, pp. 49 - 54
... 
Journal Article
海上技術安全研究所報告, ISSN 1346-5066, 06/2009, Volume 9
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク, ISSN 0913-5685, 05/2007, Volume 107, pp. 25 - 30
「情報化以前の存在」である実世界の多種多様なモノとデキゴトに対して,加速度センサや照度センサなどのセンサとセンサネットワークを利用して加速度の情報・照度の情報などと情報化する.さらには,得た情報からその情報の源であるモノとデキゴトを言語で表現し,誰でもが利用できるようにWebのコンテンツとすることを目指したs-room... 
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, ISSN 0913-5685, 06/2009, Volume 109, pp. 37 - 42
... 
Journal Article
The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 02/2005, Volume 67, pp. 215 - 217, s・iv
... 
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理, ISSN 0913-5685, 01/2004, Volume 103, pp. 61 - 66
... 
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, ISSN 0913-5685, 06/2007, Volume 107, pp. 91 - 96
In this paper, we address the possibility of time-reversal acoustics (TRA) in a simulated space, which is constructed by a stacked-neuron array (SNA). In the... 
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, ISSN 0913-5685, 07/2008, Volume 108, pp. 47 - 50
... 
Journal Article
日本物理学会講演概要集, ISSN 2189-0803, 2016, Volume 71.2, pp. 1453 - 1453
Bogoliubov-de Gennes方程式とgap方程式を自己無撞着に解くことで平均場レベルでの超伝導状態を計算することができる。我々は、スカラー化shifted CG法を用いることで、精度コントロールが可能かつ高速に自己無撞着場を計算する手法を開発した。 
超伝導 | ナノ構造 | 理論
Journal Article
野生生物と社会, 12/2013, Volume 1, pp. 21 - 28
ヤマザクラPrunus jamasakuraの結実期に,果実の色彩と栄養価そして鳥類による果実の持ち去りとの関係について調べた.果実の成熟過程は,果実の色によって,緑,赤緑,赤,黒の4段階に分けた.鳥類が持ち去った果実は,主に赤い果実と黒い果実であり,鳥類は特に黒い果実を選ぶ傾向がみられた.緑と赤緑の果実は赤や黒の果実... 
Journal Article
The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 08/1998, Volume 60, pp. 985 - 987
スペクチノマイシン経口投与マウスを用いBracyspira(Serpulina)hyodysenteriaeATCC27164及び31212の感染実験を行ったところ, その感染マウス血清は血清型特異的に菌体を凝集させ酵素免疫測定法では, 両抗原とも反応した.イムノブロットによってそれら感染マウス血清はATCC27164... 
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.