X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
animals (21) 21
veterinary sciences (16) 16
male (15) 15
bezafibrate (11) 11
female (10) 10
mitochondria (9) 9
rats (8) 8
ラット (8) 8
carnitine acetyltransferase (6) 6
peroxisome (6) 6
日本 (6) 6
swine (5) 5
肝 (5) 5
clofibrate (4) 4
liver (4) 4
liver - drug effects (4) 4
liver - ultrastructure (4) 4
morphometry (4) 4
rats, wistar (4) 4
time factors (4) 4
whole body autoradiography (4) 4
ウズラ (4) 4
システム (4) 4
ニホンザル (4) 4
学会 (4) 4
学術 (4) 4
形態 (4) 4
投与 (4) 4
日本ザル (4) 4
日本猿 (4) 4
未病 (4) 4
比較 (4) 4
細胞 (4) 4
総会 (4) 4
論文集 (4) 4
adipose tissue, brown - ultrastructure (3) 3
administration, oral (3) 3
bezafibrate - pharmacology (3) 3
brown adipocyte (3) 3
brown adipose tissue (3) 3
catalase cytochemistry (3) 3
cecum (3) 3
electron microscopy (3) 3
expanded mitochondrial crista (3) 3
hamster (3) 3
hepatocyte (3) 3
induced (3) 3
lipid droplet (3) 3
microbodies - ultrastructure (3) 3
pregnancy (3) 3
rat (3) 3
うずら (3) 3
アニマル (3) 3
ブタ (3) 3
動物 (3) 3
卵管 (3) 3
小動物 (3) 3
影響 (3) 3
管長 (3) 3
肝臓 (3) 3
脂肪 (3) 3
腸 (3) 3
計測 (3) 3
5-fluorouracil (2) 2
acetylsalicylic-acid (2) 2
adipose tissue (2) 2
anatomy (2) 2
anticancer drug (2) 2
autoradiography (2) 2
bezafibrate - administration & dosage (2) 2
blood (2) 2
body and organ weight (2) 2
body weight (2) 2
carbon radioisotopes (2) 2
carbon-14-urokinase (2) 2
carnitine o-acetyltransferase - drug effects (2) 2
carnitine o-acetyltransferase - metabolism (2) 2
cecum - anatomy & histology (2) 2
desmin (2) 2
dose-response relationship, drug (2) 2
effects (2) 2
hepatocytes (2) 2
immunocytochemistry (2) 2
intestinal (2) 2
intestine, large - anatomy & histology (2) 2
intestine, small - anatomy & histology (2) 2
iron content (2) 2
japanese and formosan monkeys (2) 2
lipid globule (2) 2
liver - enzymology (2) 2
macaque (2) 2
microbodies - drug effects (2) 2
microbodies - enzymology (2) 2
microscopy, electron (2) 2
monkey (2) 2
murine leukemia cell p388 (2) 2
nude mouse (2) 2
orchiectomy (2) 2
organ size - drug effects (2) 2
ovariectomy (2) 2
more...
Library Location Library Location
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 12/1996, Volume 58
Journal Article
The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 10/1998, Volume 60, pp. 1067 - 1072, s・viii
胎齢9日のラット胚をカルシウム拮抗薬のNifedipine, NicardipineまたはNitrendipineを添加した培養液中で48時間培養した結果, 薬物濃度に依存した発育分化の遅延および主として心循環器系の形態異常上が認められた.これら形態異常の発生頻度はNifedipineの300μM,... 
Journal Article
日本野生動物医学会誌, ISSN 1342-6133, 1998, Volume 3, Issue 1, pp. 31 - 35
ジャワのジョクジャカルタのスローロリスは, 手の第2指が短小化し, 足の第2指のみがかぎ爪になって, 把握には第2指が余り機能していないようであった。 
スローロリス | 把握力 | 平爪 | かぎ爪 | 第2指
Journal Article
日本獣医師会雑誌, ISSN 0446-6454, 1999, Volume 52, Issue 4, pp. 256 - 259
6カ月齢の豚48例について気管の全長, 気管の気管支の分岐位置および気管軟骨の総数と形態について調査した. 気管の全長は158~212mm (平均値187.8±14.9mm) で, 気管軟骨総数は29~40個 (平均値34.6±2.3個) であった. 気管の気管支の分岐位置はほぼ一定で,... 
| 気管 | 気管軟骨 | | 形態 | ブタ
Journal Article
日本野生動物医学会誌, ISSN 1342-6133, 2003, Volume 8, Issue 1, pp. 49 - 53
Journal Article
The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 09/1998, Volume 60, pp. 1039 - 1042
731頭のブタのうち38例(5.2%)で円錐結腸の構成に変則的なものがみられた.これらは, つぎの5つのタイプのものであった.1)円錐結腸の走行と垂直方向にループを作って迂回するもの(8例), 2)求心回で方向転換をするもの(6例), 3)遠心回で方向転換をするもの(2例),... 
Journal Article
日本野生動物医学会誌, ISSN 1342-6133, 1999, Volume 4, Issue 1, pp. 73 - 76
As a model of phenotype of cartilage formation, the pattern and the number of tracheal cartilage rings were surveyed in three different groups of... 
trachea | macaque | tracheal cartilage ring
Journal Article
日本野生動物医学会誌, ISSN 1342-6133, 1999, Volume 4, Issue 1, pp. 77 - 80
To compare the structure of forepaw of monkeys to that of human, the composition of skeleton and some muscles of a total of 27 Japanese monkeys(Macaca... 
macaque | sesamoidal bone | M.contrahentes digitorum manus | metacarpal bone
Journal Article
Japanese journal of zoo and wildlife medicine, ISSN 1342-6133, 03/2003, Volume 8, pp. 49 - 53
... 
Journal Article
日本野生動物医学会誌, ISSN 1342-6133, 1998, Volume 3, Issue 2, pp. 87 - 90
ジャワ島ジョクジャカルタで飼育されていた雄1頭と雌2頭のスローロリスの腸管の長さと, 盲腸および虫垂の形態を記録した。これまでに, 日本猿, 台湾猿, アカゲザル, ヒヒ, タマリン, ガラゴ, およびツパイでみたものに比較して,... 
スローロリス | 盲腸 | 腸管長 | 虫垂
Journal Article
日本未病システム学会雑誌, ISSN 1347-5541, 2007, Volume 13, Issue 1, pp. 54 - 56
「目的」物言わぬ動物を未病学的に検査する方法の1つとして, 電話回線によるポータブル心電計の応用が考えられる. 動物病院に頻回連れていくことや, 深夜などの時間外の測定を考えると, 在宅での測定には格段の利点がある1,2). 前報3)で大型犬や小型犬ではポータブル心電計が有効であることを報告したが,... 
Journal Article
The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 06/1994, Volume 56, Issue 3, pp. 541 - 546
Journal Article
Journal of Veterinary Medical Science, ISSN 0916-7250, 1995, Volume 57, Issue 3, pp. 475 - 479
豚の抗デスミン抗体を用いてpost-embeddingの免疫電子顕微鏡によって, 豚の最長筋のデスミンの局在を観察した. 金コロイドでデスミンの分布を見ると, 従来報告されているようにデスミンは隣接する筋原線維のZ-線を連絡する中間線維束として見られるが, 本実験ではその他に筋原線維の中にも走行することが認められた.... 
swine | Post-embedding method | Z-disc | desmin | immunocytochemistry
Journal Article
The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 04/1994, Volume 56, Issue 2, pp. 329 - 333
Journal Article
The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 09/1998, Volume 60, pp. 1035 - 1037
... 
Journal Article
日本未病システム学会雑誌, ISSN 1347-5541, 2007, Volume 13, Issue 1, pp. 57 - 59
「目的」尿中の硫酸抱合型胆汁酸の測定法は1990年代の初めに開発され, 新生児の胆道閉塞の早期発見のための有効な方法と考えられ, 昨今保険点数も認められており, 若干の操作手順の差はあるものの各検査機関や研究所で実施されている. このような検査を獣医療の分野でも実施しようという方向で, イヌ, ネコ, ウサギ,... 
Journal Article
The journal of veterinary medical science, ISSN 0916-7250, 07/1998, Volume 60, pp. 849 - 852, s・iii
ニホンザル20頭のうち12頭に4日間水のみを与えて, 肝細胞内のペルオキシゾームとミトコンドリアの数, 大きさを形態計測した.ミトコンドリアの面積は約1.9倍になったが, 数は有意差がなかった.ペルオキシゾームの数は約1.36倍になったが, 大きさは変わらなかった.電顕像では, ミトコンドリアの大型化,... 
Journal Article
日本野生動物医学会誌, ISSN 1342-6133, 1998, Volume 3, Issue 1, pp. 49 - 52
インドネシアのツパイ(Tupaia javanica)の雄2および雌3頭の腸管には全て短管状(径0.25〜0.49cm, 長さ0.7〜1.2cm)の憩室が見られた。家禽のメッケル憩室に似てはいるが, むしろ単純な形の盲腸であると考えられた。これは直腸の終端から約4.0〜5.5cmに位置するので,... 
盲腸 | ツパイ
Journal Article
日本野生動物医学会誌, ISSN 1342-6133, 1998, Volume 3, Issue 2, pp. 79 - 82
推定20歳, 体重約300kgの雄のホッキョクグマが動物園で斃死したので, 葉状腎の解剖学的記録として左右の腎臓の表面と断面像を撮影した。表面から見える腎葉は左腎で57, 右腎で54であったが, 断面で見ると2つの腎葉を含んでいるものも数多く, なかには3つの腎葉を含んでいるものもあるので,... 
腎葉数 | ホッキョクグマ | 葉状腎
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.