UofT Libraries is getting a new library services platform in January 2021.
Learn more about the change.

Search Articles

X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
検討 (48) 48
研究 (38) 38
日本 (31) 31
学会 (30) 30
臨床 (29) 29
細胞 (21) 21
解析 (21) 21
影響 (19) 19
感染 (19) 19
比較 (19) 19
評価 (19) 19
モデル (18) 18
システム (17) 17
症例 (17) 17
動脈 (16) 16
ステム (15) 15
測定 (15) 15
科学 (15) 15
計測 (15) 15
開発 (15) 15
効果 (14) 14
呼吸 (14) 14
外科 (14) 14
情報 (13) 13
総会 (13) 13
試験 (13) 13
調査 (13) 13
science & technology (12) 12
切除 (12) 12
感染症 (12) 12
療法 (12) 12
直腸 (12) 12
合併 (11) 11
手術 (11) 11
治療 (11) 11
発症 (11) 11
細胞癌 (11) 11
診断 (11) 11
ペイシェント (10) 10
吸器 (10) 10
呼吸器 (10) 10
外科学 (10) 10
患者 (10) 10
有用 (10) 10
検査 (10) 10
分布 (9) 9
利用 (9) 9
大会 (9) 9
大腸 (9) 9
応用 (9) 9
急性 (9) 9
成績 (9) 9
特集 (9) 9
経過 (9) 9
結腸 (9) 9
考察 (9) 9
超音波 (9) 9
遺伝 (9) 9
遺伝子 (9) 9
酸化 (9) 9
音波 (9) 9
life sciences & biomedicine (8) 8
しゅよう (8) 8
ネット (8) 8
バクテリア (8) 8
一般 (8) 8
地方 (8) 8
報告 (8) 8
小児 (8) 8
年度 (8) 8
形成 (8) 8
技術 (8) 8
比較試験 (8) 8
細菌 (8) 8
腫瘍 (8) 8
ceftazidime (7) 7
female (7) 7
ネットワーク (7) 7
ワーク (7) 7
効率 (7) 7
化学 (7) 7
十二指腸 (7) 7
原子力発電 (7) 7
原子力発電所 (7) 7
原発 (7) 7
有用性 (7) 7
機能 (7) 7
疾患 (7) 7
硬変 (7) 7
肝硬変 (7) 7
肝硬変症 (7) 7
肝細胞 (7) 7
肝細胞がん (7) 7
肝細胞ガン (7) 7
肝細胞癌 (7) 7
腸炎 (7) 7
腸管 (7) 7
腹部 (7) 7
薬効 (7) 7
記事 (7) 7
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


Nihon Eiyō, Shokuryō Gakkai shi, ISSN 0287-3516, 2018, Volume 71, Issue 3, pp. 121 - 131
「要旨」: オリーブは, 果実だけでなく, 葉にもオレウロペイン等のポリフェノールを豊富に含んでいる. この点に着目し, オリーブ葉茶が生産されているが, ヒトにおけるオリーブ葉茶の機能性は明らかになっていない. そこで,... 
ヒト | 体重 | 影響 | p& | LDL | | lt | 緑茶 | ポリフェノール | オリーブ葉茶群 | オリーブ葉茶
Journal Article
Nihon Nōson Igakkai zasshi, ISSN 0468-2513, 2017, Volume 65, Issue 6, pp. 1177 - 1187
医療現場での臨床研究は,根拠に基づく医療を実践するために必要不可欠である。本研究は,水戸協同病院における臨床研究支援活動の特徴と課題を探索的に検討することを目的とした。2013年4 月より,筑波大学で雇用されたリサーチアシスタント1 人が水戸協同病院における相談窓口として常勤し,大学教員3... 
総合病院 | 臨床研究支援 | 大学教員 | リサーチアシスタント
Journal Article
環境情報科学 = Environmental information science, ISSN 0389-6633, 07/2014, Volume 43, Issue 2, pp. 7 - 13
Journal Article
Nihon Eiyō, Shokuryō Gakkai shi, ISSN 0287-3516, 2016, Volume 69, Issue 5, pp. 249 - 255
要旨:玄米には様々な微量栄養素や機能性成分が含まれ, 肥満や生活習慣病の予防における有効性も示唆されている. しかし, 玄米の普及率は低く, 主な原因として食味の影響が考えられる. 表面加工玄米は, 玄米の食味改善を目指して作られた玄米であり,... 
玄米 | 表面加工玄米 | 機能性成分 | 食味 | 微量栄養素 | 肥満 | やすさ | 期間中 | 探索的ランダム化クロスオーバー試験 | 継続摂取可能期間
Journal Article
Japanese journal of endourology, ISSN 2186-1889, 2018, Volume 31, Issue 1, pp. 100 - 107
「要旨」 経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術(En-bloc transurethral resection of bladder tumor: En-bloc TUR)の最大の利点は病理学的診断能の向上である. 今回我々は膀胱腫瘍に対しEn-bloc TURを施行した90例を後方視的に解析した. 術後合併症を認めず, 筋層... 
Journal Article
Nihon Rōnen Igakkai zasshi, ISSN 0300-9173, 2018, Volume 55, Issue 4, pp. 657 - 662
Journal Article
Nihon Ōyō Dōbutsu Konchū Gakkai shi, ISSN 0021-4914, 11/2016, Volume 60, Issue 4, pp. 171 - 178
...間隔の円形バッファーを発生させ,各バッファーに含まれる土地利用面積を定量化した。応答変数をヒメハナカメムシ類個体数,説明変数を景観要素(主成分分析による第一主成分),景観異質性(土地利用に関する多様度指数: シンプソン指数)および非選択的殺虫剤の使用回数とする一般化線形モデルを構築し,ヒメハナカメムシ類個体数に影響を及ぼす... 
ヒメハナカメムシ類個体数 | 周辺景観 | 非選択的殺虫剤 | 影響 | ヒメハナカメムシ類 | ヒメハナカメムシ類Orius | 景観要素 | 露地ナス圃場 | 個体数 | 捕食性天敵ヒメハナカメムシ類Orius
Journal Article
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌, ISSN 1883-1273, 2019, Volume 39, Issue 1/2, pp. 87 - 91
【要旨】症例は65歳女性. 30年前に皮疹で発症し, 20年前にサルコイドーシス (肺, 皮膚) と診断され, 皮膚病変に対してステロイド内服中であった. X-1年10月頃より全身倦怠感, 下肢脱力を認めX年1月に入院となった. 血液検査では白血球数, 可溶性IL-2受容体値, アルドラーゼ値の高値を認めたが,... 
Journal Article
日本歯科保存学雑誌, ISSN 0387-2343, 2020, Volume 63, Issue 1, pp. 38 - 43
「抄録」 目的 : 現在では, 歯科用実体顕微鏡や拡大鏡を使用した拡大視野下の長時間にわたる精密歯科診療が求められ, 歯科医師や歯科衛生士の正確な手技への支援や肉体的負担を軽減できる歯科診療支援システムの開発が必要とされている. 本研究は歯科診療アシストスーツを開発することで, 歯科診療の精密性向上,... 
Journal Article
薬学教育, ISSN 2432-4124, 2019, Volume 3, pp. 179 - 184
平成25年度に改訂された薬学教育モデル・コアカリキュラム (改訂コアカリ) では, 実務実習で継続的に広く関わる必要がある「代表的8疾患」が提示された. そこで, 改訂コアカリ施行前の北里大学病院・東病院 (当院) の実務実習における代表的8疾患の実習状況を調査した.... 
Journal Article
Shinzo, ISSN 0586-4488, 2018, Volume 50, Issue 6, pp. 642 - 646
《Abstract》症例は72歳, 女性. 主訴は夜間発作性呼吸困難. 27歳時, 左大腿部に刺創の既往がある. 来院後, 心不全と診断し利尿薬を開始した. 左下肢が腫脹し, 左大腿部前面に熱感とthrillを触知したことから大腿動静脈瘻を疑い, 下肢動脈造影と造影CTを施行した. 外傷性左浅大腿動静脈瘻と診断し,... 
Journal Article
日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌, ISSN 1880-2133, 2016, Volume 52, Issue 1, pp. 71 - 71
Journal Article
Shinzo, ISSN 0586-4488, 2018, Volume 50, Issue 3, pp. 299 - 304
79歳女性. 1年前に慢性腎臓病と胸部・腹部大動脈瘤を指摘された. 2カ月前より疼痛を伴うチアノーゼと小潰瘍が両側足趾に出現した. CT検査にて胸部大動脈瘤の拡大を認め, 胸部大動脈瘤を塞栓源とするコレステロール塞栓症が疑われ当院紹介入院となった. 経食道心臓超音波検査では胸部大動脈瘤に多発する複雑プラークを認めた.... 
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 2014, Volume 50, Issue 1, pp. 81 - 85
会陰部杭創は転落・転倒などにより生じる稀な鈍的外傷である.我々は2 例の小児会陰部杭創を経験したので報告する.〈症例1〉9 歳男児.入浴中風呂の湯かき棒(樹脂製)が肛門に刺入した.自ら抜去したが,出血,腹痛が持続するため翌朝当科受診した.CT... 
会陰部杭創 | 外傷 | 小児
Journal Article
気管支学, ISSN 0287-2137, 2014, Volume 36, Issue 5, pp. 456 - 460
背景.近年,肺末梢の病変に対するガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)の有用性と安全性が報告されている.また,肺癌治療の進歩に伴い組織型の確定や遺伝子検索の必要性が増し,組織採取が重要になってきている.目的.今回我々は肺末梢病変に対するEBUS-GS併用気管支鏡検査の有用性を検討した.対象と方法.... 
肺癌 | ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS) | 経気管支生検 | 肺末梢病変
Journal Article
Nihon Eiyō, Shokuryō Gakkai shi, ISSN 0287-3516, 2018, Volume 71, Issue 3, pp. 121 - 131
オリーブは, 果実だけでなく, 葉にもオレウロペイン等のポリフェノールを豊富に含んでいる。この点に着目し, オリーブ葉茶が生産されているが, ヒトにおけるオリーブ葉茶の機能性は明らかになっていない。そこで, 血清LDL-コレステロール (LDL-C) 濃度が境界域または軽度高値の40‐70歳非糖尿病男女を対象とし,... 
オリーブ葉茶 | 脂質代謝 | 糖代謝
Journal Article
日本航海学会誌 NAVIGATION, ISSN 0919-9985, 2016, Volume 196, pp. 26 - 30
Journal Article
Nihon Naika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5384, 2016, Volume 105, Issue 12, pp. 2463 - 2465
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.