X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
力学 (2) 2
カノニカル (1) 1
チカノ (1) 1
マルチ (1) 1
中間 (1) 1
中間体 (1) 1
中間生成物 (1) 1
光受容 (1) 1
分子 (1) 1
分子動力学 (1) 1
分析 (1) 1
動力 (1) 1
動力学 (1) 1
反応中間体 (1) 1
受容 (1) 1
投球 (1) 1
構造 (1) 1
構造解析 (1) 1
生物 (1) 1
視覚 (1) 1
解析 (1) 1
計算 (1) 1
負荷 (1) 1
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


Seibutsu butsuri = Biophysics, ISSN 0582-4052, 2005, Volume 45, Issue supplement, p. S95
Journal Article
Baiomekanizumu, ISSN 1348-7116, 1998, Volume 14, pp. 39 - 48
Baseball is one of the most popular sports in Japan and in U.S.A. However, many players, especially pitchers, have shoulder injuries incurred during pitching... 
Journal Article
バイオメカニズム, 11/1998, pp. 39 - 48
Baseball is one of the most popular sports in Japan and in U.S.A. However, many players, especially pitchers, have shoulder injuries incurred during pitching... 
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 03/1989, Volume 16
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 1989, Volume 16, Issue suppl, pp. 8 - 8
片麻痺患者の体幹機能の重要性は諸家の指摘するところである. 我々も片麻痺患者は歩行中体幹内部の動きが少ないこと, 又坐位での側方への動作で骨盤の動きが少ないことを報告した. 今回は坐位での体幹の動きを, 歩行機能の異なる対象で検討したので報告したい. <対象> 片麻痺患者18名(平均年令49才,... 
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 03/1988, Volume 15
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 03/1988, Volume 15
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 1988, Volume 15, Issue suppl, pp. 111 - 111
体幹機能の改善は片麻痺の動作能力を高めるための大きな要因である. 平衡反応を工学的に見れば“姿勢動揺と立ち直りである”とMCMILANは述べている. 今回私達は, 重心動揺及び動作中の体幹の位置と角度の変化を分析して若干の知見を得たので報告する. <対象> 安定した独歩可能な慢性期の片麻痺患者5名, 健常者3名とした. 
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 1988, Volume 15, Issue suppl, pp. 242 - 242
我々は, 片麻痺患者(以下片麻痺と略す)ならびに健常者の歩行時における筋活動と体幹の動きについて昨年の当学会において報告した. この中で, 歩行時腹直筋の筋放電は片麻痺, 健常者共にみられなかったが, 片麻痺では脊柱起立筋の過剰な筋放電を認めた. そこで今回は,... 
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 03/1987, Volume 14
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 03/1987, Volume 14
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 1987, Volume 14, Issue suppl, pp. 21 - 21
我々が自由空間で四肢を動かすことが出来るのは四肢の動きに合わせて自動的に体幹の筋緊張を調節してバランスをとっているからてある. 我々は, 片麻痺の日常生活諸動作に体幹の動きが重要な役割を果たすと考え, まず歩行における体幹の代償的な動きを分析したので報告する. 
Journal Article
理学療法学, ISSN 0289-3770, 1987, Volume 14, Issue suppl, pp. 19 - 19
片麻痺患者では, 立位歩行時股関節の伸展が十分に起こらず軽度屈曲位を示す者が多くみられる. このことは患側下肢の随意性の回復もさることながら骨盤帯を中心とした体幹機能と下肢を結ぶ股関節周囲の働きも歩行において大変重要な要素であることを示す. 我々は, この股関節周囲の働きを筋電図にて分析したので報告する. 
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.