X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
検討 (18) 18
感染 (15) 15
感染症 (13) 13
水稲 (13) 13
吸器 (12) 12
呼吸 (12) 12
呼吸器 (12) 12
試験 (12) 12
呼吸器感染 (11) 11
呼吸器感染症 (11) 11
比較 (11) 11
日本 (10) 10
比較試験 (10) 10
治療 (9) 9
薬効 (9) 9
学会 (8) 8
成績 (8) 8
手術 (8) 8
症例 (8) 8
療法 (8) 8
研究 (8) 8
respiratory tract infection (7) 7
影響 (7) 7
臨床 (7) 7
試験成績 (7) 7
利用 (6) 6
合併 (6) 6
特性 (6) 6
評価 (6) 6
重力波 (6) 6
関係 (6) 6
ペイシェント (5) 5
小児 (5) 5
患者 (5) 5
気管 (5) 5
管理 (5) 5
長期 (5) 5
領域 (5) 5
dissolved organic matter (4) 4
コシヒカリ (4) 4
データセンター (4) 4
ヒカリ (4) 4
中心 (4) 4
二重 (4) 4
二重盲検 (4) 4
再発 (4) 4
分析 (4) 4
動脈 (4) 4
収量 (4) 4
向上 (4) 4
小児科 (4) 4
有機 (4) 4
有機物 (4) 4
気管支 (4) 4
溶存 (4) 4
生物 (4) 4
生育 (4) 4
発症 (4) 4
盲検 (4) 4
穂肥 (4) 4
結核 (4) 4
計測 (4) 4
記事 (4) 4
クロー (3) 3
中 (3) 3
予防 (3) 3
分光 (3) 3
分光分析 (3) 3
剖検 (3) 3
化学 (3) 3
変化 (3) 3
外来 (3) 3
外科 (3) 3
大動脈 (3) 3
大腸 (3) 3
安全 (3) 3
形成 (3) 3
微量元素 (3) 3
急性 (3) 3
悪性 (3) 3
投与 (3) 3
施行 (3) 3
時期 (3) 3
栽培 (3) 3
機能 (3) 3
水中 (3) 3
消化 (3) 3
潰瘍性大腸炎 (3) 3
濃度 (3) 3
狭窄 (3) 3
玄米 (3) 3
穿孔 (3) 3
粒子 (3) 3
経験 (3) 3
縦隔 (3) 3
育苗 (3) 3
解析 (3) 3
診断 (3) 3
論文 (3) 3
追肥 (3) 3
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


心身医学, ISSN 0385-0307, 2001, Volume 41, Issue 5, pp. 379 - 379
症例1:著明なるいそう, 27歳, 女性, 主婦, AN, BPD. 拒食, 過食, 下剤乱用にて, BW22kg(-57.9%)で入院. IVH, 低カロリー食, 行動療法にて, 32kgになると自己退院. 4回繰り返す. 症例2:ウイルス感染, 19歳, 女性, 高校生, AN(排出型). 小学6年でAN発症.... 
Journal Article
心身医学, ISSN 0385-0307, 2001, Volume 41, Issue 5, p. 379
Journal Article
Kansenshōgaku zasshi, ISSN 0387-5911, 2016, Volume 90, Issue 3, pp. 310 - 315
We present 3 cases of ocular syphilis in patients who had been newly diagnosed as having HIV. All the patients had only complained of ophthalmologic symptoms... 
HIV infection | ocular syphilis | Treponema pallidum
Journal Article
Shinzo, ISSN 0586-4488, 2009, Volume 41, Issue SUPPL.3, pp. S3_138 - S3_138
本邦においては硫化水素による自殺者が2008年の1年間のみで1,007人にものぼり社会的に深刻な問題になっている. 今回われわれは, 重篤な意識障害と呼吸不全に心筋障害を合併した硫化水素中毒患者の救命に成功し, 心筋障害の回復過程を心臓核医学検査により評価し得たので報告する. 症例は32歳, 男性. 自ら硫化水素を発生... 
心筋障害 | 硫化水素中毒 | 心臓核医学検査
Journal Article
日本輸血学会雑誌, ISSN 0546-1448, 1995, Volume 41, Issue 1, pp. 98 - 99
血小板輸血による副作用は赤血球製剤輸血の副作用に比べ頻度が多いとされる. そのほとんどは発熱・蕁麻疹など輸血中止の理由とはならない軽度のものである. しかし中には低血圧・呼吸障害・アナフィラキシー様症状等の重篤な副作用があり, AABB News Briefsの1994年1月号にAABB輸血委員会のアンケート調査結果... 
Journal Article
Kansenshōgaku zasshi, ISSN 0387-5911, 05/2017, Volume 91, Issue 3, pp. 411 - 415
Journal Article
Kansenshōgaku zasshi, ISSN 0387-5911, 2010, Volume 84, Issue 1, pp. 19 - 23
Journal Article
Kansenshōgaku zasshi, ISSN 0387-5911, 2009, Volume 83, Issue 4, pp. 375 - 379
我々は発展途上国に仕事などで長期滞在する日本人成人を対象に,予防接種の実施状況を調査してきたが,今回は2002 年および2005 年の調査結果を報告する.「出国前に何らかの予防接種を受けた」と回答した者の割合は,2002 年が49.9%,2005 年が55.8%と増加傾向にあった.地域別ではSouth Asia... 
typhoid fever | meningococcal meningitis | travelerʼs vaccine
Journal Article
膵臓, ISSN 0913-0071, 2013, Volume 28, Issue 4, pp. 565 - 570
「要旨」: 症例は39歳男性. 検診の腹部超音波検査で膵尾部に2cm大の腫瘍性病変を指摘された. CTでは辺縁明瞭で淡く造影を受け, MRIではT1WIで低信号, T2WIで軽度高信号, DWIで高信号を示した. FDG-PETにて集積(SUVmax 3.8→4.8)を認めたことから小膵癌を否定できず,... 
Journal Article
Kansenshōgaku zasshi, ISSN 0387-5911, 2012, Volume 86, Issue 4, pp. 427 - 429
Journal Article
聖マリアンナ医科大学雑誌, ISSN 0387-2289, 2017, Volume 45, Issue 2, pp. 126 - 126
Journal Article
気管支学, ISSN 0287-2137, 2011, Volume 33, Issue 6, pp. 498 - 498
症例は30歳代男性. 2009年4月に発熱・咳嗽で受診した前医にて左肺上葉の空洞を伴う浸潤影とびまん性の粒状影・すりガラス影を指摘. 喀痰よりM.kansasiiが検出され, 非結核性抗酸菌症の診断でHRE3剤による抗菌化療治療中の2010年1月頃より労作時呼吸困難が進行し, CTで背景肺の微細粒状影と線維化,... 
Journal Article
Japanese circulation journal, ISSN 0047-1828, 10/2000, Volume 64
Journal Article
Nichidai igaku zasshi, ISSN 0029-0424, 2011, Volume 70, Issue 4, pp. 212 - 216
国内での 90 歳代の患者に対する心臓手術は極めてまれであるが,海外の報告でもその死亡率,合併症発生率は高いといわれている.今回,重度大動脈弁狭窄症の 90... 
大動脈弁置換術 | 大動脈弁狭窄症
Journal Article
Nichidai igaku zasshi, ISSN 0029-0424, 2011, Volume 70, Issue 3, pp. 186 - 190
急性心筋梗塞後の乳頭筋断裂は,頻度少なく,死亡率は高いといわれている.今回,心原性ショックを伴った乳頭筋断裂に対し,緊急手術を行い,救命し得た症例を経験したので報告する.64... 
乳頭筋断裂 | 急性心筋梗塞 | 僧帽弁閉鎖不全症
Journal Article
Nichidai igaku zasshi, ISSN 0029-0424, 2011, Volume 70, Issue 2, pp. 107 - 111
肺高血圧合併大動脈弁疾患の予後は不良で,外科治療の成績も満足いくものではなく,手術適応に一定の見解が得られていない.透析中の 58 歳男性が大動脈弁狭窄症による急性心不全と診断され,術前検査で高度肺高血圧を認めた.術前にPDE III... 
大動脈弁狭窄症 | 肺高血圧
Journal Article
Nichidai igaku zasshi, ISSN 0029-0424, 2011, Volume 70, Issue 1, pp. 37 - 41
今回,新たに開発された Physio リング-II により僧帽弁形成術を行なった経験を報告する.Phyio リング-II は,Physio リングを改良した人工弁輪で,セミリジッド構造とダブルサドルシェイプ構造をもつ.対象はPhysio リング-II により僧帽弁形成術を施行した 4... 
僧帽弁閉鎖不全症 | 人工弁輪 | 僧帽弁形成術
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.