X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
自己 (1039) 1039
교육학 (467) 467
研究 (436) 436
検討 (419) 419
日本 (418) 418
学会 (386) 386
전자/정보통신공학 (364) 364
전기공학 (350) 350
농학 (344) 344
기계공학 (330) 330
컴퓨터학 (321) 321
내과학 (319) 319
체육 (305) 305
学生 (291) 291
免疫 (286) 286
경영학 (283) 283
自己免疫 (250) 250
课堂教学 (238) 238
공학일반 (234) 234
학제간연구 (220) 220
공학 (217) 217
大学生 (206) 206
对策 (191) 191
評価 (189) 189
피부과학 (189) 189
臨床 (184) 184
中国 (169) 169
应用 (169) 169
教师 (168) 168
科学 (167) 167
治療 (163) 163
影響 (159) 159
관광학 (159) 159
疾患 (158) 158
법학 (155) 155
総会 (152) 152
한의학 (149) 149
管理 (148) 148
教育 (147) 147
问题 (147) 147
高校 (145) 145
한국어와문학 (141) 141
免疫性 (140) 140
一般 (137) 137
教学效果 (137) 137
細胞 (134) 134
培养 (133) 133
文学作品 (133) 133
教学方法 (131) 131
大会 (125) 125
항공우주공학 (123) 123
教学 (122) 122
小児 (119) 119
领导干部 (119) 119
スター (116) 116
创新 (116) 116
症例 (115) 115
식품과학 (115) 115
患者 (114) 114
语文学习 (112) 112
ポスター (111) 111
기타공학 (110) 110
アレルギー (108) 108
역사학 (108) 108
中学生 (107) 107
効果 (107) 107
解析 (105) 105
システム (104) 104
생활과학 (104) 104
환경공학 (103) 103
外科 (102) 102
生活 (102) 102
课外阅读 (102) 102
作文 (100) 100
開発 (100) 100
教学改革 (99) 99
方法 (99) 99
阅读知识 (99) 99
合併 (98) 98
診断 (98) 98
分析 (97) 97
阅读教学 (97) 97
療法 (96) 96
小学生 (95) 95
特性 (95) 95
회계학 (95) 95
学习过程 (94) 94
気管 (94) 94
思想政治教育 (93) 93
地方 (92) 92
策略 (92) 92
经济发展 (92) 92
思想政治工作 (91) 91
自主学习 (91) 91
孩子 (90) 90
組織 (90) 90
抗体 (89) 89
ペイシェント (88) 88
小学 (88) 88
기타인문학 (88) 88
more...
Library Location Library Location
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


福岡大学研究部論集. A, 人文科学編, ISSN 1346-4698, 12/2010, Volume 10, pp. 29 - 42
Journal Article
学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, ISSN 1341-4542, 07/2010, Volume 2010, pp. 907 - 908
Journal Article
by 高 陽
時の扉 : 東京学芸大学大学院伝承文学研究レポート, 07/2005, Volume 17, pp. 24 - 25
Journal Article
教育心理学年報, ISSN 0452-9650, 03/1982, Volume 21, pp. 106 - 107
Journal Article
天台学報, ISSN 0287-6310, 1990, Volume 33, pp. 102 - 105
Journal Article
Nippon Shōkakibyō Gakkai zasshi, ISSN 0446-6586, 1997, Volume 94, Issue 9, pp. 632 - 637
近年, 抗ミトコンドリア抗体陰性原発性胆汁性肝硬変の症例の中に, 抗核抗体が高力価陽性であり, ステロイドによく反応する症例が存在することが明らかとなり, これらの1群の症例に対し自己免疫性胆管炎という疾患概念が提唱されている1)~3). われわれは,... 
己免疫性胆管炎 | 原発性胆汁性肝硬変 | 超音波像
Journal Article
Kyoto University (京都大学) 0048 新制・課程博士 博士(工学) 甲第21966号 工博第4621号 新制||工||1720(附属図書館) 京都大学大学院工学研究科電気工学専攻 (主査)教授 和田 修己, 教授 松尾 哲司, 教授 篠原 真毅 学位規則第4条第1項該当 
ディジタル無線通信 | パケット誤り率 | スループット | 500 | 通信品質 | 電磁干渉
Dissertation
電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路, ISSN 0913-5685, 04/2011, Volume 111, pp. 87 - 92
3 次元積層ソリッド・ステート・ドライブ( 3D - ssD )向けに、書き込み電圧( 20V )発生回路と Tsv による酉己線について議論し、高速・低消費電力の電源システムを提案する。 NAND チャネル数検出回路により昇圧中の NAND チップ数( NAND チャネル数)の変動を検出し、ブーストコン,くータ... 
Journal Article
日本文学, ISSN 0386-9903, 2006, Volume 55, Issue 6, pp. 11 - 24
...を知ると、女房たちの船に乗り移り、掃除をして、東国の武将たちに陵辱されるであろうと脅しをかける。このような知盛の作り出す文脈は、己の理想とする美的最期を達成しようとするものでしかない。しかし中等教育では、知盛を英雄とすることで、死を美学化してしまっている。このような死の美学化に抗するためにも、英雄・知盛像とは違う知盛像... 
Journal Article
日本輸血細胞治療学会誌, ISSN 1881-3011, 2006, Volume 52, Issue 4, pp. 469 - 469
...で与えられた蛋白質だけでその役割を全うし, 己の寿命を承知して120日で生涯を終えるのです. その数や機能が低下すると「貧血」となり, 日常生活に支障を来すようになるのは当然のことです. これらのことは「誰もが知っている常識」ですが, 実はよく解明されていない不思議なメカニズムや病態が潜んでいます. このランチョンセミナー... 
Journal Article
人文研究, ISSN 0491-3329, 03/2004, Volume 55, pp. 1 - 17
Journal Article
日本補綴歯科学会雑誌, ISSN 0389-5386, 2002, Volume 46, Issue 5, pp. 790 - 790
...MMには有意差が認められた. SDMの補正値とMMには有意差が認められなかった. 従ってSDMを用いる場合, 補正値を求めることによりマウスガードの厚さを測定できることが示唆された. 「IV. 文献」1)高橋史, 小司利昭, 森田修己. マウスガード用材料に関する研究-吸引成形後のシート材の延びについて-. 補綴誌46... 
Journal Article
日本輸血学会雑誌, ISSN 0546-1448, 2000, Volume 46, Issue 6, pp. 573 - 573
...510ml(計1,008ml)であった. 同種血輸血回避率は81.4%(希釈のみ85.7%, 貯血+希釈79.7%)であり, 希釈式血己血輸血に由来する合併症は経験されなかった. まとめ:消化器悪性腫瘍手術症例において希釈式自己血輸血は安全に施行可能であり, また高率に同種血輸血を回避することができる. 
Journal Article
Seikeigeka to saigai geka, ISSN 0037-1033, 1997, Volume 46, Issue 2, pp. 393 - 397
Toe exercises are part of dynamic joint control training in improving neuromuscular coordination. In another study we showed that an 8-week course of these... 
神経運動器協調 | ディジョック・トレーニング | 足指訓練 | 持続性
Journal Article
日本口腔科学会雑誌, ISSN 0029-0297, 1984, Volume 33, Issue 4, pp. 763 - 764
Odontogenic Keratocystは, 嚢胞壁を被覆する上皮に角化あるいは錯角化の認められる嚢胞で, 下顎大臼歯部から下顎枝にわたる部位に好発し, 前歯部には比較的稀である. 今回, 我々は下顎前歯部に発生したOdontogenic Keratocystを経験し, 臨床および病理組織学的に検討し報告した.... 
Journal Article
日本口腔科学会雑誌, ISSN 0029-0297, 1983, Volume 32, Issue 4, pp. 824 - 824
... 東北大・歯・口腔診断 加藤己久司 Witokopの定義によれば, 遺伝的原因とする根拠は, 全てもしくは殆んど全てのエナメル質に形成不全があり, 全身的, 血清学的に異常がなく, 家族的に認められる場合としている. 本症においては, 埋伏歯を含む全ての歯にエナメル質形成不全が認め... 
Journal Article
Japanese journal of antibiotics, ISSN 0368-2781, 1994, Volume 47, Issue 5, pp. 530 - 552
新しく開発されたL-627 (Biapenem) の小り己科領域各種感染症に対する基礎的・臨床的検討を目的として研究会を組織し, 参加15施設とその関連施設による協同研究を実施し, 以下の結果を得た。治験対象小児はすべて親権者のInformed consentが得られている。1. 血中濃度・尿中排泄L-627の小児... 
Journal Article
情報処理学会論文誌, ISSN 1882-7764, 03/1994, Volume 35, pp. 373 - 379
...の言語仕様にはOPS言語に由来する構文上の制約を受けることになる。われわれは、Reteを採用した処理系では「単独のルールでは連言を否定する条件パタンを言己述できない。」ことを確認し連書の否定条傍を解釈するための機構を開発、Reteアルゴリズムの拡張として実装した。Reteには、これまでに各種の改造アルゴリズムが提案されてき... 
Journal Article
生薬学雑誌, ISSN 0037-4377, 1959, Volume 13, Issue 1, pp. 43 - 54
...な根拠がない. また薬名の防己の己は日本では己(イ)と記し, 中国では防己(Fag-chi)とするが一定していない. 藤田直市1)はかって日本産防己の剖見, および防己, 木通その他の類似品の剖見を行い, 各個の識別点を明らかにしたが, 中国産の防己に関しては深く追究せず, またその基源植物を明らかにすることは果さずに... 
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.