X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
療法 (3736) 3736
化学療法 (3710) 3710
化学 (3625) 3625
化学疗法 (1903) 1903
治療 (752) 752
chemotherapy (707) 707
日本 (698) 698
学会 (696) 696
検討 (692) 692
放射線 (613) 613
放射 (610) 610
射線 (607) 607
細胞 (595) 595
併用 (585) 585
腫瘍 (572) 572
しゅよう (552) 552
科学 (504) 504
総会 (470) 470
肺癌 (456) 456
化学放射線療法 (407) 407
放射疗法 (406) 406
進行 (400) 400
肺がん (384) 384
肺ガン (380) 380
放射線療法 (368) 368
癌化学療法 (354) 354
研究 (350) 350
がん化学療法 (344) 344
放射線化学療法 (340) 340
切除 (338) 338
効果 (337) 337
悪性 (332) 332
転移 (326) 326
ガン化学療法 (319) 319
尿器 (306) 306
泌尿器 (306) 306
泌尿器科 (298) 298
泌尿器科学 (286) 286
呼吸 (282) 282
吸器 (275) 275
呼吸器 (275) 275
外科 (275) 275
症例 (275) 275
日本泌尿器科学会 (274) 274
ぼうこう (260) 260
膀胱 (260) 260
一般 (254) 254
预后 (236) 236
上皮 (233) 233
癌化 (233) 233
臨床 (229) 229
化学疗法,辅助 (226) 226
患者 (225) 225
施行 (223) 223
腺癌 (223) 223
再発 (218) 218
細胞癌 (213) 213
リンパ (210) 210
外科学 (207) 207
上皮癌 (203) 203
ペイシェント (198) 198
膀胱癌 (198) 198
胃癌 (196) 196
小児 (191) 191
浸潤 (191) 191
成績 (189) 189
手術 (186) 186
ぼうこうがん (182) 182
膀胱がん (182) 182
膀胱ガン (182) 182
補助 (182) 182
原子力発電 (181) 181
原子力発電所 (181) 181
原発 (181) 181
結核 (167) 167
肿瘤 (165) 165
補助化学療法 (164) 164
内視鏡 (161) 161
非小细胞肺癌 (160) 160
スター (157) 157
辅助 (156) 156
ポスター (155) 155
気管 (155) 155
術前化学療法 (149) 149
前立腺 (148) 148
発症 (145) 145
顺铂 (144) 144
診断 (141) 141
食道 (141) 141
けい部 (139) 139
頸部 (139) 139
シスプラチン (137) 137
浸潤性 (136) 136
呼吸器外科学 (135) 135
気管支 (135) 135
乳腺肿瘤 (134) 134
前立腺癌 (134) 134
尿路 (134) 134
胃がん (134) 134
前立せんがん (133) 133
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


Journal of UOEH, ISSN 0387-821X, 2008, Volume 30, Issue 1, pp. 47 - 54
産業医科大学病院では, 2003年10月に当院で頻用されるがん化学療法レジメンを収集管理し, 院内レジメン集を病棟や外来に配置した. しかし, レジメンをリアルタイムに管理することは困難であり, リスクマネジメントの観点から問題があった. そこで2006年6月に化学療法センターが中心となり医師,... 
がん化学療法レジメン | リスクマネジメント | がん化学療法 | 化学療法センター
Journal Article
Nihon Nōson Igakkai zasshi, ISSN 0468-2513, 2011, Volume 60, Issue 2, pp. 59 - 65
がん化学療法時における栄養管理の意義は,十分な栄養投与により患者の栄養状態を改善し,治療効果を上げることにある。今回,がん化学療法中の入院患者の味覚や嗅覚の変化および嗜好をアンケート調査し,食欲不振時にも摂取できる食品や調理法を取り入れた化学療法患者に対する献立「化学療法食」を検討した。 対象者109名中102名... 
がん化学療法 | 化学療法食 | 化学療法患者 | 献立 | 検討
Journal Article
気管支学, ISSN 0287-2137, 2011, Volume 33, Issue 3, pp. 215 - 215
症例は67歳男性. 肺扁平上皮癌術後再発に対し化学療法中, 2010年8月から腹部膨満感を自覚し, CTにて腸管気腫性嚢胞症を指摘された. 化学療法, ステロイド投与などによる腸管組織の脆弱化が一因と推測される. 無治療にて改善傾向のため経過観察とした. 本疾患は穿孔, 壊死などを来せば急性腹症となる病態であり,... 
Journal Article
Nihon Nōson Igakkai zasshi, ISSN 0468-2513, 01/2019, Volume 68, Issue 1, pp. 45 - 51
化学療法受けている肺癌患者は, 栄養状態が悪い傾向にある. 嗅覚の低下は食欲に影響を与えるため肺癌術後の化学療法患者の嗅覚変化と, 比較のために健常人を対象に調査を行なった. 当院呼吸器外科で, 2016年3月から2017年9月に肺癌化学療法を受けた患者(N=28, 平均69.8歳)に, 簡易嗅覚検査キット(Open... 
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2011, Volume 102, Issue 2, p. 277
Journal Article
日本医科大学医学会雑誌, ISSN 1349-8975, 2019, Volume 15, Issue 4, pp. 155 - 163
「はじめに」胃癌は, 世界で4番目に多いヒトの悪性疾患であり, 2番目に多い癌関連の死因である. 日本での胃癌による死亡例数は年間約5万人であり, 国内の悪性新生物による死因の第2位である. 対人口10万人として, その死亡率は男女それぞれ53.9, 33.2(1980年), 53.3,... 
Journal Article
Juntendō igaku, ISSN 0022-6769, 2006, Volume 52, Issue 4, pp. 546 - 558
欧米では死亡数が減り始めている乳癌であるが, 罹患は世界中で増加している. 原因の究明も重要であるが, 早期発見と診断後の有効かつ安全な治療の開発が当面の課題である. 治療は, 必要最小限の局所療法と最大限の全身療法が現在のスタンダードである. そして, 予後は, 発見時その癌が既に全身病になっているのか否かと,... 
乳癌 | 術前化学療法 | 再発時化学療法 | 術後化学療法
Journal Article
Yakugaku zasshi, ISSN 0031-6903, 2018, Volume 138, Issue 2, pp. 169 - 175
Anticancer drug-induced stomatitis develops in 30% to 40% of cancer patients undergoing chemotherapy. However, medications for this condition are not... 
irsogladine maleate | stomatitis | oral spray | evidence | stomatitis evaluation score | cancer chemotherapy
Journal Article
Yakugaku zasshi, ISSN 0031-6903, 2018, Volume 138, Issue 3, pp. 425 - 435
Previous reports suggested that sharing outpatient information during chemotherapy is very important for managing pharmaceutical usage between community... 
pharmacist | outpatient chemotherapy | community pharmacy | hospital | cooperation
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2010, Volume 101, Issue 2, p. 81
Journal Article
YAKUGAKU ZASSHI, ISSN 0031-6903, 2008, Volume 128, Issue 4, pp. 649 - 655
「緒言」抗悪性腫瘍剤投与後の悪心・嘔吐は, がん化学療法の中止を招く一因となり, この副作用の回避は治療継続や患者のquality of lifeの観点から重要な問題となっている. 抗悪性腫瘍剤による悪心, 嘔吐の発現機序の1つとして,... 
Journal Article
Kita Kantō igaku, ISSN 1343-2826, 2008, Volume 58, Issue 2, pp. 197 - 207
【目 的】 外来で化学療法を受ける療養者が急増し, 症状マネジメントが療養の場である在宅に移行している. 看護者には対象者の能力を引き出し, 症状マネジメント力を高める支援が求められている. 本研究の目的は, がん化学療法を受けている療養者のセルフマネジメントに関連する2002年から2006年までの原著論文を分析し,... 
通院治療 | がん化学療法 | セルフマネジメント
Journal Article
医療薬学, ISSN 1346-342X, 2008, Volume 34, Issue 8, pp. 742 - 747
Prevention of adverse effects is an important aspect of cancer chemotherapy.In this regard,nausea and vomiting induced by chemotherapy are limiting factors in... 
gender difference | chemotherapy | adverse reaction | nausea | vomiting
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.