X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
療法 (82) 82
大量 (79) 79
化学療法 (78) 78
化学 (77) 77
細胞 (53) 53
しゅよう (50) 50
腫瘍 (50) 50
併用 (48) 48
移植 (44) 44
幹細胞 (43) 43
末梢 (41) 41
末梢血幹細胞移植 (35) 35
細胞移植 (34) 34
精巣 (29) 29
検討 (23) 23
進行 (23) 23
学会 (22) 22
日本 (20) 20
治療 (20) 20
科学 (19) 19
総会 (18) 18
難治性 (18) 18
大量化学療法 (17) 17
細胞腫 (16) 16
尿器 (15) 15
日本泌尿器科学会 (15) 15
泌尿器 (15) 15
泌尿器科 (15) 15
泌尿器科学 (15) 15
胚細胞 (15) 15
胚細胞性腫瘍 (15) 15
胚細胞腫 (15) 15
経験 (12) 12
骨ずい (11) 11
骨ズイ (11) 11
骨髄 (11) 11
臨床 (10) 10
自家末梢血幹細胞移植 (10) 10
自家骨髄移植 (10) 10
骨髄移植 (10) 10
超大量化学療法 (9) 9
骨ずい移植 (9) 9
一般 (7) 7
小児 (7) 7
成績 (7) 7
精巣腫瘍 (7) 7
high-dose chemotherapy (6) 6
原子力発電 (6) 6
原子力発電所 (6) 6
原発 (6) 6
悪性 (6) 6
施行 (6) 6
治療成績 (6) 6
high dose chemotherapy (5) 5
再発 (5) 5
外科 (5) 5
症例 (5) 5
肉腫 (5) 5
輸血 (5) 5
pbsct (4) 4
peripheral blood stem cell transplantation (4) 4
スター (4) 4
外科学 (4) 4
小児外科 (4) 4
小児外科学 (4) 4
悪性しゅよう (4) 4
悪性腫瘍 (4) 4
神経 (4) 4
神経芽 (4) 4
autologous bone marrow transplantation (3) 3
bsc (3) 3
pbs (3) 3
small cell lung cancer (3) 3
ペイシェント (3) 3
ポスター (3) 3
リンパ (3) 3
リンパ腫 (3) 3
乳癌 (3) 3
切除 (3) 3
医学 (3) 3
固形 (3) 3
小細胞癌 (3) 3
患者 (3) 3
神経芽腫 (3) 3
移植手術 (3) 3
移植術 (3) 3
細胞癌 (3) 3
縦隔 (3) 3
胚細胞腫瘍 (3) 3
造血幹細胞 (3) 3
chemotherapy (2) 2
osteosarcoma (2) 2
peripheral blood stem cell autotransplantation (2) 2
yo抗体 (2) 2
がん化学療法 (2) 2
アミロイド (2) 2
アミロイドーシス (2) 2
アミロイド症 (2) 2
ガン化学療法 (2) 2
キット (2) 2
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 2015, Volume 51, Issue 7, pp. 1190 - 1197
胸膜肺芽腫は,胸腔内の間葉組織に由来し主に5 歳以下の小児に発症する稀な悪性腫瘍である.今回我々は,胸膜肺芽腫の治療後に腺腫様甲状腺腫を発症した1 例を経験したので報告する.症例は2 歳女児.左胸部痛,発熱を主訴に近医を受診し,胸部X 線,胸部CT... 
大量化学療法 | 胸膜肺芽腫 | 腺腫様甲状腺腫
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2002, Volume 93, Issue 2, p. 356
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2000, Volume 91, Issue 3, p. 421
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2001, Volume 92, Issue 2, p. 297
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2001, Volume 92, Issue 2, p. 298
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 2000, Volume 91, pp. 687 - 691
患者は, 31歳男性. 主訴は右陰嚢無痛性腫大, 咳嗽. 現病歴は1992年頃, 右陰嚢の腫大に気付くが放置. その後1995年5月中旬, 咳嗽が出現したため近医受診した. 胸部単純撮影にて多発性貨幣状腫瘤を認めたため, 右精巣腫瘍肺転移が疑われ, 紹介入院となった. 入院時検査所見では, 白血球が増多し, LDH... 
二次性白血病 | 精巣腫瘍 | 超大量化学療法
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 2001, Volume 37, Issue 2, pp. 321 - 325
両眼瞼浮腫を初発症状とするバーキットリンパ腫男児症例に, 大量メソトレキセート, エンドキサン, ビンクリスチン, アドリアシン, デキサメサゾン化学療法を施行した.1クールで腫瘤は消失したが, 抗癌剤による直接粘膜障害, 好中球減少性腸炎, 麻痺性腸閉塞を生じ,... 
大量化学療法 | 小腸狭窄 | バーキットリンパ腫
Journal Article
Seikeigeka to saigai geka, ISSN 0037-1033, 1999, Volume 48, Issue 4, pp. 1137 - 1139
Mega-dose chemotherapy and peripheral blood stem cell transplantation was performed on a case of Ewing's sarcoma of the pelvis. A 13-year-old male was admitted... 
大量化学療法 | 末梢血幹細胞移植 | ユーイング肉腫
Journal Article
Nippon Hinyokika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5287, 1999, Volume 90, Issue 4, pp. 521 - 525
患者は28歳男性. 39度の発熱, 腹痛が出現し, 大動脈周囲リンパ節の腫大を指摘され, 当院に入院した. 左鎖骨上リンパ節腫大も認め, 生検にて胚細胞腫の転移が疑われ, 当科に紹介となった. AFP, hCGおよびβ-hCGは各々異常高値を示した. 精査にて後腹膜原発性腺外胚細胞腫と診断した.... 
大量化学療法 | 末梢血幹細胞移植 | 性腺外胚細胞腫
Journal Article
Nihon Naika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5384, 2008, Volume 97, Issue 7, pp. 1568 - 1580
Hodgkinリンパ腫の全病期の予後は,過去30年間に劇的に改善してきているが,これは,多剤併用化学療法の開発によるものが大である.初発限局早期症例にはABVD療法を短コース(4コース)実施した後に病変部位への区域照射(involved field... 
ABVD療法 | 国際予後因子(IPS) | Hodgkinリンパ腫 | 自家造血幹細胞移植併用大量化学療法 | 区域照射
Journal Article
Nihon Naika Gakkai zasshi, ISSN 0021-5384, 1997, Volume 86, Issue 2, pp. 307 - 309
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1998, Volume 34, Issue 1, pp. 51 - 57
腎外性横紋筋肉腫様腫瘍(Extrarenal Malignant Rhabdoid Tumor)は, 腎に発生する横紋筋肉腫様腫瘍(Malignant Rhabdoid Tumor : MRT)と同様の病理組織構造を持つ稀な腫瘍である.患者は4歳の男児で,... 
腎外性横紋筋肉腫様腫瘍 | 自家末梢血幹細胞移植 | 超大量化学療法
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 1996, Volume 32, Issue 7, pp. 1073 - 1077
小児固形進行悪性腫瘍に対する最近の大量化学療法と従来の化学療法とを骨髄抑制について比較検討した.1990年以降の小児固形悪性腫瘍患者38人を対象とし,これらに対し総計196回の化学療法を施行した.各化学療法は,その強さにより軽度群,中等度群,高度群の3群に分類した.各化学療法前後の血液学的データ... 
大量化学療法 | 小児進行腫瘍 | 血液学的支持療法 | 自家末梢血幹細胞移植 | 進行神経芽腫
Journal Article
医療, ISSN 0021-1699, 1996, Volume 50, Issue 1, pp. 22 - 26
「要旨」進行卵巣癌3例(IIIc期, IV期-2例)の自験例から, 本法の適応と臨床応用を検討した. 症例1 (IIIc期)は骨盤・傍大動脈リンパ節に多数の転移を認め, Second Look Operation(SLO)で顕微鏡的陽性, 超大量化学療法(CBDCA:1300mg/m2,... 
Journal Article
Haigan. Lung cancer, ISSN 0386-9628, 2004, Volume 44, Issue 6, pp. 709 - 714
Background.Mediastinal malignant germ cell tumors are relatively rare and treatment for cisplatinresistant patients is not established. Case. A 25 year-old man... 
悪性胚細胞性腫瘍 | 縦隔腫瘍 | 末梢血幹細胞移植 (PBSCT) 併用超大量化学療法
Journal Article
Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi, ISSN 0385-7883, 1995, Volume 20, Issue 1, pp. 11 - 16
進行再発乳癌症例23例および術後乳癌症例10例を対象に自己造血幹細胞移植を行った。進行再発乳癌症例における移植後の血液学的な回復状況は, 末梢血幹細胞輸血 (PBSCT) を併用することにより自家骨髄移植 (ABMT) 単独に比して, 有意に早くなった。そこで, 術後乳癌症例に対して2回の大量化学療法を行い,... 
乳癌 | 大量化学療法 | 末梢血幹細胞輸血
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.