X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
小児 (40955) 40955
小儿 (26678) 26678
日本 (23516) 23516
外科 (21715) 21715
小児外科 (20013) 20013
学会 (19897) 19897
科学 (18070) 18070
外科学 (17606) 17606
小児外科学 (17499) 17499
地方 (10675) 10675
研究 (8046) 8046
研究会 (6816) 6816
検討 (6674) 6674
治疗 (3980) 3980
护理 (3868) 3868
治療 (3867) 3867
一般 (3710) 3710
手術 (3607) 3607
学術 (3480) 3480
症例 (3010) 3010
集会 (2794) 2794
関東 (2707) 2707
臨床 (2702) 2702
信越 (2643) 2643
甲信越 (2643) 2643
関東甲信越 (2640) 2640
気管 (2585) 2585
経験 (2518) 2518
腫瘍 (2408) 2408
しゅよう (2398) 2398
疗效 (2311) 2311
天性 (2308) 2308
総会 (2291) 2291
シンポジウム (2274) 2274
シンポ (2253) 2253
ポジウム (2250) 2250
喘息 (2243) 2243
ぜんそく (2216) 2216
ぜん息 (2216) 2216
ゼンソク (2216) 2216
疾患 (2171) 2171
小儿肺炎 (2158) 2158
内視鏡 (2145) 2145
アレルギー (2082) 2082
消化 (1995) 1995
気管支 (1988) 1988
スター (1976) 1976
閉鎖 (1971) 1971
ポスター (1963) 1963
九州 (1958) 1958
中国 (1879) 1879
消化管 (1851) 1851
中華人民共和国 (1816) 1816
四国 (1812) 1812
近畿 (1728) 1728
近畿地方 (1700) 1700
合併 (1693) 1693
診断 (1690) 1690
食道 (1681) 1681
秋季 (1657) 1657
機能 (1654) 1654
ヘルニア (1610) 1610
新生 (1582) 1582
新生児 (1574) 1574
小儿腹泻 (1563) 1563
北海道 (1557) 1557
北海 (1556) 1556
海道 (1556) 1556
マリンロード (1549) 1549
海の道 (1549) 1549
閉鎖症 (1501) 1501
呼吸 (1490) 1490
気管支喘息 (1482) 1482
诊断 (1479) 1479
四国地方 (1477) 1477
気管支ぜんそく (1473) 1473
気管支ぜん息 (1473) 1473
疗效观察 (1460) 1460
小児科 (1408) 1408
大会 (1387) 1387
アレルギー学 (1285) 1285
临床疗效 (1283) 1283
临床分析 (1279) 1279
日本アレルギー学会 (1274) 1274
腹腔 (1267) 1267
悪性 (1263) 1263
阿奇霉素 (1245) 1245
東海 (1204) 1204
療法 (1202) 1202
神経 (1199) 1199
領域 (1195) 1195
セッション (1194) 1194
胆道 (1185) 1185
東北 (1182) 1182
狭窄 (1163) 1163
東海地方 (1133) 1133
腹腔鏡 (1100) 1100
临床观察 (1092) 1092
小児気管支喘息 (1077) 1077
発症 (1061) 1061
more...
Library Location Library Location
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


昭和学士会雑誌, ISSN 2187-719X, 2018, Volume 78, Issue 2, pp. 149 - 155
小児気管支喘息の管理は,ステロイド吸入薬などが普及した結果,劇的に改善した.このため喘息治療において,薬物療法におけるアドヒアランスの向上は,新たな重要な臨床課題となっている.今回われわれは喘息指導を通してアドヒアランスの向上を目指し,その評価に新規アドヒアランス評価質問票Pediatric Asthma... 
喘息指導 | アドヒアランス | 気管支喘息 | 小児気管支喘息アドヒアランス質問表
Journal Article
Nihon Ika Daigaku Igakkai zasshi, ISSN 1349-8975, 2018, Volume 14, Issue 2, pp. 48 - 56
Journal Article
Nippon Jibi Inkoka Gakkai Kaiho, ISSN 0030-6622, 2017, Volume 120, Issue 7, pp. 942 - 945
救急外来で小児を診察する際に難しい点は, こどもは自分で自分の症状を説明することもできないことである. 最近の小児死因統計では乳幼児の死因で最も多いのは不慮の事故とされており, 親がちょっと目を離した数分間に生じやすい. 「異物誤嚥」「1. 咽頭異物」間接喉頭鏡や処置用内視鏡を用いて摘出するか,... 
Journal Article
Nippon Jibi Inkoka Gakkai Kaiho, ISSN 0030-6622, 2017, Volume 120, Issue 4, pp. 585 - 586
Journal Article
Nippon Jibi Inkoka Gakkai Kaiho, ISSN 0030-6622, 2017, Volume 120, Issue 4, pp. 537 - 538
Journal Article
Nippon Jibi Inkoka Gakkai Kaiho, ISSN 0030-6622, 2016, Volume 119, Issue 4, pp. 629 - 630
Journal Article
昭和学士会雑誌, ISSN 2187-719X, 2018, Volume 78, Issue 5, pp. 513 - 519
15歳から29歳までの思春期・若年成人世代... 
小児がん | 小児・AYA世代がんセンター | AYA世代小児がん
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 2018, Volume 54, Issue 2, pp. 314 - 335
「1. Annual Report作成の背景」我が国における外科系医療の現状を体系的に把握し医療の品質評価と水準向上に役立て, 社会に最善の医療を提供することを目的として, 2010年に一般社団法人National Clinical Database(NCD)が設立されました.... 
Journal Article
Koji no kino kenkyu, ISSN 1348-4818, 2017, Volume 37, Issue 1, pp. 112 - 114
Journal Article
Nippon Jibi Inkoka Gakkai Kaiho, ISSN 0030-6622, 2016, Volume 119, Issue 4, pp. 617 - 618
Journal Article
Nippon Jibi Inkoka Gakkai Kaiho, ISSN 0030-6622, 2016, Volume 119, Issue 4, pp. 581 - 582
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2017, Volume 120, Issue 1, pp. 1 - 8
年長児の喘息は, 典型的な発作症状である呼気性喘鳴を伴う呼吸困難を繰り返していれば, 診断は難しくない. 一方, 乳児期においては, ウイルスによる下気道感染により喘息と同様の喘鳴を認めることがあり, 喘息の診断は必ずしも容易でない. しかし, 乳幼児期の発症早期より適切な治療・管理を行うことが,... 
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 2018, Volume 54, Issue 3, pp. 571 - 572
Journal Article
Koji no kino kenkyu, ISSN 1348-4818, 2016, Volume 36, Issue 1, pp. 116 - 118
Journal Article
Nippon Jibi Inkoka Gakkai Kaiho, ISSN 0030-6622, 2018, Volume 121, Issue 2, pp. 97 - 103
新しいワクチンの開発と導入によりワクチンで予防できる疾患, いわゆる Vaccine Preventable Diseases(VPD) が増えている. 小児の耳鼻科領域におけるワクチンとしては, インフルエンザ菌 b 型 (ヒブ) と肺炎球菌が特に重要であり, ワクチン導入後同感染症は減少傾向にある.... 
ワクチン | 耐性菌 | 小児 | 感染症 | 抗菌薬
Journal Article
Nippon Jibi Inkoka Gakkai Kaiho, ISSN 0030-6622, 2015, Volume 118, Issue 4, pp. 522 - 523
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.