X
Search Filters
Format Format
Format Format
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
Journal Article (24023) 24023
Dissertation (629) 629
Magazine Article (560) 560
Publication (348) 348
Conference Proceeding (270) 270
Book / eBook (2) 2
Book Review (1) 1
more...
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
感染 (13689) 13689
感染症 (5119) 5119
ウイルス (1872) 1872
日本 (1691) 1691
検討 (1654) 1654
ビールス (1629) 1629
学会 (1518) 1518
研究 (1083) 1083
臨床 (1071) 1071
感染性 (1000) 1000
ウイルス感染 (956) 956
治療 (908) 908
呼吸 (865) 865
呼吸器 (845) 845
病毒感染 (845) 845
吸器 (812) 812
humans (771) 771
細菌 (700) 700
効果 (687) 687
小児 (673) 673
総会 (669) 669
infection (641) 641
気管 (636) 636
患者 (633) 633
診断 (619) 619
科学 (606) 606
免疫 (600) 600
気管支 (598) 598
尿路感染 (594) 594
外科 (557) 557
症例 (557) 557
結核 (543) 543
アレルギー (532) 532
細胞 (518) 518
対策 (513) 513
尿路 (508) 508
予防 (491) 491
学術 (481) 481
一般 (480) 480
熏陶感染 (478) 478
index medicus (475) 475
ペイシェント (475) 475
合併 (459) 459
マウス (458) 458
発症 (454) 454
尿路感染症 (450) 450
実験 (440) 440
疾患 (434) 434
male (428) 428
影響 (421) 421
感染性心内膜炎 (413) 413
バクテリア (410) 410
発生 (408) 408
female (403) 403
急性 (401) 401
抗体 (397) 397
分離 (389) 389
animals (384) 384
呼吸器感染 (383) 383
呼吸器感染症 (375) 375
大会 (374) 374
细菌感染 (365) 365
療法 (344) 344
心内膜炎 (343) 343
気道 (343) 343
調査 (338) 338
心内膜 (337) 337
内膜 (336) 336
領域 (334) 334
シンポジウム (330) 330
組織 (329) 329
喘息 (327) 327
ぜんそく (326) 326
ぜん息 (326) 326
ゼンソク (326) 326
ウイルス感染症 (323) 323
手術 (322) 322
関連 (321) 321
肝炎 (320) 320
球菌 (304) 304
院内感染 (304) 304
外科学 (302) 302
慢性 (300) 300
投与 (296) 296
経験 (294) 294
アレルギー学 (291) 291
疫学 (290) 290
日本アレルギー学会 (289) 289
血清 (288) 288
使用 (286) 286
泌尿器 (285) 285
尿器 (284) 284
動物 (283) 283
adult (281) 281
内視鏡 (276) 276
泌尿器科 (276) 276
動脈 (274) 274
医院感染 (266) 266
シンポ (264) 264
ポジウム (264) 264
more...
Library Location Library Location
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


Journal of the Japan Veterinary Medical Association, ISSN 0446-6454, 05/2019, Volume 72, Issue 5, pp. 291 - 295
犬バベシア症流行地においてBabesia gibsoni(B. gibsoni)不顕性感染状況を調査した。臨床上健康な犬500頭のうちB. gibsoni特異的PCR陽性38頭(7.6%)を不顕性感染とした。不顕性感染犬の平均年齢(9.2歳)は,PCR陰性でB.... 
gibsoni感染症既往歴 | 非感染犬 | 犬バベシア症流行地 | 不顕性感染状況 | 不顕性感染 | 不顕性感染犬 | | gibsoni不顕性感染状況 | 外出 | gibsoni不顕性感染
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2018, Volume 121, Issue 4, pp. 627 - 629
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2018, Volume 121, Issue 4, pp. 575 - 576
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2017, Volume 120, Issue 4, pp. 551 - 552
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2015, Volume 118, Issue 7, pp. 841 - 853
梅毒は, 口腔・咽頭に初期硬結, 硬性下疳, 粘膜斑, 口角炎が生じる. 性器や皮膚の病変を伴わない場合が多く, 特徴的な口腔咽頭病変は梅毒診断の契機になりやすい. DEBCPCG 40万単位または AMPC 500mg を1日3回, PC アレルギーの場合は MINO 100mg を1日2回, 第1期は2~4週間,... 
HPV 咽頭感染 | 口腔咽頭梅毒 | HSV 性咽頭・扁桃炎 | 淋菌・クラミジア咽頭感染 | HIV 感染症
Journal Article
日本食品微生物学会雑誌, ISSN 1340-8267, 2016, Volume 33, Issue 4, pp. 175 - 181
Yersinia感染症は, 通常, 食中毒原因菌として知られるY. enterocoliticaと仮性結核菌として知られるY. pseudotuberculosisによって引き起こされる感染症である. いずれも発生頻度は高くなく, あまり注目を浴びることの少ない感染症であるが, 近年,... 
Journal Article
日本内科学会雑誌, ISSN 0021-5384, 2016, Volume 105, Issue 3, pp. 511 - 514
Journal Article
肝臓, ISSN 0451-4203, 2016, Volume 57, pp. 554 - 556
To clarify the long-term protective effect of hepatitis B (HB) vaccine, initial response to HBV vaccine, frequency of booster vaccine (when HBsAb decreased... 
不顕性B型肝炎ウイルス感染 | B型肝炎 | 母子感染予防
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2016, Volume 119, Issue 4, pp. 569 - 570
Journal Article
日本内科学会雑誌, ISSN 0021-5384, 2014, Volume 103, Issue 11, pp. 2770 - 2782
Journal Article
整形外科と災害外科, ISSN 0037-1033, 2017, Volume 66, Issue 3, pp. 443 - 445
Journal Article
日本内科学会雑誌, ISSN 0021-5384, 2016, Volume 105, Issue 11, pp. 2167 - 2173
ジカウイルス(Zika virus:ZIKV)は発疹,発熱,結膜炎などを呈する一般に予後良好な疾患(ジカ熱)の病原体である.近年,ヒトと蚊による都市型感染環を形成して,東南アジア,大洋州,中南米などで流行を起こすようになった.この流行を契機に,Guillain-Barré症候群(Guillain-Barré... 
先天性ジカウイルス感染症 | ジカ熱 | 小頭症 | ジカウイルス感染症 | Guillain-Barré症候群 | 蚊媒介感染症
Journal Article
獣医疫学雑誌, ISSN 1343-2583, 12/2016, Volume 20, Issue 2, pp. 118 - 123
人と動物が同じ病原体に感染して発症する疾患は動物由来感染症,または人獣共通感染症と呼ばれる。そのほとんどは本来動物が保有する病原体が原因となるが,人から動物に感染が及んだ例としても,2009年に新型インフルエンザであったA(H1N1)pdm09... 
感染症サーベイランス | 獣医師 | 感染 | 感染症法 | 感染症 | | 疾患 | 動物由来感染症 | 病原体 | 動物
Journal Article
整形外科と災害外科, ISSN 0037-1033, 2017, Volume 66, Issue 1, pp. 8 - 9
人工股関節全置換術(total hip arthroplasty:... 
感染再燃 | THA:人工股関節全置換術 | PJI:人工関節周囲感染
Journal Article
日大医学雑誌, ISSN 0029-0424, 2015, Volume 74, Issue 6, pp. 280 - 282
Journal Article
心臓, ISSN 0586-4488, 2012, Volume 44, Issue 12, pp. 1535 - 1542
症例は84歳,女性.2008年4中旬に食欲不振,全身倦怠感が出現し起立困難となり当院へ救急搬送された.尿路感染症と診断し,抗生物質を開始したところ,5月中旬には解熱し,炎症反応は陰性化した.しかし,5月末に高熱が出現し,右背部〜腰部痛が出現し,C反応性蛋白 (C-reactive... 
感染性心内膜炎 (infective endocarditis) | 化膿性脊椎炎 (vertebral osteomyelitis) | 尿路感染症 (urinary tract infection)
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2015, Volume 118, Issue 4, pp. 511 - 512
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2015, Volume 118, Issue 4, pp. 509 - 510
Journal Article
日本内科学会雑誌, ISSN 0021-5384, 2015, Volume 104, Issue Suppl, pp. 109c - 110a
Journal Article
日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2015, Volume 118, Issue 7, pp. 841 - 853
梅毒は, 口腔・咽頭に初期硬結, 硬性下疳, 粘膜斑, 口角炎が生じる. 性器や皮膚の病変を伴わない場合が多く, 特徴的な口腔咽頭病変は梅毒診断の契機になりやすい. DEBCPCG 40万単位またはAMPC 500mgを1日3回, PCアレルギーの場合はMINO 100mgを1日2回, 第1期は2~4週間,... 
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.