X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
标识 (2141) 2141
標識 (1523) 1523
产品标识 (427) 427
标识系统 (326) 326
能效标识 (292) 292
标识管理 (288) 288
中国 (274) 274
研究 (267) 267
品牌标识 (244) 244
商标标识 (204) 204
文献标识码 (203) 203
消费者 (202) 202
应用 (199) 199
标识设计 (198) 198
标签标识 (165) 165
包装标识 (161) 161
防伪标识 (152) 152
设计 (148) 148
护理标识 (145) 145
产品质量 (135) 135
标识制度 (135) 135
道路 (130) 130
标识语 (124) 124
検討 (117) 117
国家质检总局 (114) 114
参考文献 (105) 105
能效标识制度 (103) 103
測定 (101) 101
管理 (101) 101
绿色建筑 (101) 101
窒素 (100) 100
公告 (99) 99
放流 (99) 99
计量研究所 (99) 99
中图分类号 (97) 97
化合物 (97) 97
编制规则 (97) 97
可扩展标识语言 (95) 95
企业 (92) 92
安全管理 (92) 92
放射 (92) 92
計測 (92) 92
物联网 (90) 90
化合 (88) 88
商业标识 (88) 88
認識 (87) 87
日本 (86) 86
标准 (86) 86
身份标识 (86) 86
代码 (84) 84
合成 (84) 84
能源效率标识 (84) 84
铁路 (83) 83
食品标识 (83) 83
产品 (81) 81
分类号 (81) 81
转基因食品 (81) 81
利用 (80) 80
建筑评价 (80) 80
标识牌 (80) 80
吸収 (79) 79
安全 (77) 77
标识技术 (77) 77
警示标识 (76) 76
护理 (75) 75
统一标识 (75) 75
代謝 (74) 74
動態 (74) 74
解析 (74) 74
抗体 (73) 73
标准化 (73) 73
標識法 (73) 73
载体类型标识 (73) 73
食品安全 (73) 73
作者简介 (72) 72
分布 (72) 72
品牌 (70) 70
推定 (69) 69
水质评价 (69) 69
土壌 (68) 68
导向标识 (68) 68
企业标识 (67) 67
標識化合物 (66) 66
蛍光 (66) 66
評価 (66) 66
标识码 (65) 65
生产日期 (63) 63
細胞 (63) 63
翻译 (63) 63
城市 (62) 62
大会 (62) 62
商标法 (61) 61
応用 (61) 61
编制工作 (61) 61
グラフ (58) 58
免疫标识 (58) 58
放射性 (58) 58
铁道部 (58) 58
中华人民共和国 (57) 57
体内 (57) 57
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


Drug delivery system, ISSN 0913-5006, 2017, Volume 32, Issue 5, pp. 425 - 429
Journal Article
Nippon Suisan Gakkaishi, ISSN 0021-5392, 2013, Volume 79, Issue 3, pp. 394 - 399
ホシガレイの新たな外部標識として,有眼側に生じる小型の再生鱗を指標とするパンチング標識の有効性を焼印標識との比較により検討した。平均全長 9.8 cm の稚魚にパンチングおよび焼印標識を装着し,治癒痕を観察した結果,3 ヵ月後には小型の再生鱗が発現し,標識後 2... 
ホシガレイ | パンチング | 放流効果調査 | 外部標識 | 標識 | 低下 | 再生鱗 | 小型 | 有効性 | 小型再生鱗 | 焼印標識 | パンチング標識 | 指標
Journal Article
Nippon Suisan Gakkaishi, ISSN 0021-5392, 2018, Volume 84, Issue 1, pp. 133 - 135
Journal Article
Yamashina chōruigaku zasshi, ISSN 1348-5032, 2017, Volume 48, Issue 2, pp. 51 - 63
Journal Article
Nihon Shinrin Gakkaishi, ISSN 1349-8509, 2018, Volume 100, Issue 3, pp. 81 - 89
Journal Article
日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan, ISSN 0289-7911, 04/2019, Volume 39, Issue 2, pp. 123 - 131
本稿では,単周波小型GNSS受信機と国土地理院の電子基準点を,それぞれ移動局と基準局とし,GNSS測位のためのオープンソースプログラムパッケージ「RTKLIB」を用いた「後処理スタティック(PPS: Post-Processing... 
対空標識 | 移動局 | PPS | Post | 単周波小型GNSS受信機 | 国土地理院 | 電子基準点 | オープンソースプログラムパッケージ | 基準局 | GNSS測位
Journal Article
Nippon Suisan Gakkaishi, ISSN 0021-5392, 2015, Volume 81, Issue 4, pp. 725 - 727
Dry marking はサケ属魚類の卵を定期的に空気中へ露出し,耳石に識別可能なマークを施す省コストな標識であるが,ロシアでしか実用されていない。本研究では,我が国における Dry marking の能否を検証した。相対湿度(RH)が平均 95.2% で推移した水槽では鮮明な標識を施すことに成功したが,標識作業中の... 
サケ | Dry marking | 耳石 | 標識 | marking | 水槽 | | 耳石標識 | サケ属魚類 | 露出 | サケ発眼卵 | 作業 | 検討
Journal Article
Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan, ISSN 1340-8097, 2017, Volume 65, Issue 5, pp. 210 - 214
Journal Article
Nippon Suisan Gakkaishi, ISSN 0021-5392, 2011, Volume 77, Issue 5, pp. 822 - 833
耳石に ALC 標識を付けたニゴロブナ種苗の放流・再捕調査により,琵琶湖での本種の効果的な放流技術を検討した。その結果,標準体長が概ね 16 mm... 
標識放流 | 再捕率 | ALC 耳石標識 | 琵琶湖 | 放流効果 | ヨシ帯 | 生残率 | ニゴロブナ | Carassius auratus | 放流水域 | 種苗 | 重要性 | 課題 | 放流事業
Journal Article
Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan, ISSN 1340-8097, 2015, Volume 63, Issue 6, pp. 159 - 162
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. DC, ディペンダブルコンピューティング, ISSN 0913-5685, 11/2014, Volume 114, pp. 27 - 32
... 
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術, ISSN 0913-5685, 11/2014, Volume 114, pp. 27 - 32
... 
Journal Article
Seibutsu butsuri = Biophysics, ISSN 0582-4052, 2017, Volume 57, Issue 3, pp. 153 - 156
「1. はじめに」NMR(核磁気共鳴)法はタンパク質の構造・機能解析にとって重要な手法のひとつである. そのなかでも, 15N-HSQCなどの1H-15N相関2次元スペクトルによってアミドシグナルを検出し, これをプローブとして対象タンパク質の部位特異的な情報を得る方法は広く用いられている. 例えば,... 
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, ISSN 0913-5685, 03/2014, Volume 113, pp. 109 - 114
... 
Journal Article
Nippon Suisan Gakkaishi, ISSN 0021-5392, 2012, Volume 78, Issue 3, pp. 421 - 428
琵琶湖におけるニゴロブナの種苗放流効果を評価するため,条件を変えて放流し,刺網で再捕された ALC 標識魚を調査した。回収率と費用便益比(B/C)は 6 月の大規模ヨシ帯への体長 16.5 mm 仔稚魚放流が 9.6% と 12.0, 10 月の沖合への 83.9 mm 稚魚放流が 12.7% と 2.2... 
再捕率 | ALC 耳石標識 | 種苗放流効果 | B/C | 回収率 | 琵琶湖 | ヨシ帯 | ニゴロブナ | 再捕 | ニゴロブナCarassius auratus | grandoculis | ALC標識魚 | 放流 | 沖合
Journal Article
Vitamins, ISSN 0006-386X, 2018, Volume 91, Issue 3, pp. 190 - 192
Journal Article
Nippon Suisan Gakkaishi, ISSN 0021-5392, 2019, Volume 85, Issue 1, pp. 67 - 69
Journal Article
東京農業大学農学集報, ISSN 0375-9202, 03/2017, Volume 61, Issue 4, pp. 137 - 141
Journal Article
Kagaku To Seibutsu, ISSN 0453-073X, 2015, Volume 53, Issue 7, pp. 455 - 461
... 
Journal Article
Nippon Suisan Gakkaishi, ISSN 0021-5392, 2010, Volume 76, Issue 4, pp. 637 - 645
ニゴロブナの種苗放流技術開発に必要な耳石への ALC 標識を検討した。発眼期の卵とふ化 5 日目以降の魚に 4 日以上の間隔で標識すると,その回数に応じて明確に識別できる多重標識が付き,その組合せで多種類の標識が可能であった。5... 
アリザリン・コンプレクソン | 放流サイズ推定 | 多重標識 | 種苗放流 | ニゴロブナ | 耳石 | 標識 | ニゴロブナCarassius auratus | 最終標識 | 発眼期 | 多種類 | アリザリン | grandoculis
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.