X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
発作性上室性頻拍 (27) 27
発作 (17) 17
発作性 (15) 15
症候群 (14) 14
wpw症候群 (13) 13
研究 (13) 13
症例 (12) 12
臨床 (11) 11
不整 (9) 9
不整脈 (9) 9
発作性上室性頻拍症 (9) 9
カテーテルアブレーション (7) 7
伝導 (7) 7
発作性上室頻拍 (7) 7
房室結節 (6) 6
生理 (6) 6
生理学 (6) 6
研究会 (6) 6
電気 (6) 6
電気生理 (6) 6
電気生理学 (6) 6
潜在性wpw症候群 (5) 5
結節 (5) 5
心室頻拍 (4) 4
心房 (4) 4
検討 (4) 4
治療 (4) 4
アブレーション (3) 3
リエントリー (3) 3
レーション (3) 3
中心 (3) 3
作用 (3) 3
刺激 (3) 3
合併 (3) 3
影響 (3) 3
心房粗動 (3) 3
心房細動 (3) 3
心臓 (3) 3
房室結節リエントリー性頻拍 (3) 3
有用 (3) 3
潜在 (3) 3
経食道心房ペーシング (3) 3
電気生理学的検査 (3) 3
静脈 (3) 3
頻搏 (3) 3
頻脈 (3) 3
食道 (3) 3
atp (2) 2
autonomic nervous system (2) 2
psvt (2) 2
エントリ (2) 2
エントリー (2) 2
トリー (2) 2
上室性頻拍発作 (2) 2
中心静脈 (2) 2
使用 (2) 2
停止 (2) 2
刺激伝導系 (2) 2
副伝導路 (2) 2
加齢 (2) 2
効果 (2) 2
周波 (2) 2
回帰 (2) 2
小児 (2) 2
心室 (2) 2
心臓電気生理学 (2) 2
心電図 (2) 2
房室結節回帰性頻拍 (2) 2
有用性 (2) 2
検査 (2) 2
特徴 (2) 2
理学的検査 (2) 2
発作性“上室”性頻拍 (2) 2
発作性心房細動 (2) 2
発生 (2) 2
神経 (2) 2
経食道心房ペーシング法 (2) 2
経験 (2) 2
自律神経 (2) 2
薬剤 (2) 2
薬効評価 (2) 2
診断 (2) 2
通電 (2) 2
電位 (2) 2
電図 (2) 2
頻拍 (2) 2
高周波 (2) 2
a-v nodal reentry (1) 1
a-vnodalreertry (1) 1
adenosine triphosphate (1) 1
adenosine三リン酸 (1) 1
ah時間 (1) 1
ami (1) 1
amiodarone (1) 1
anatomically corrected malposition of the great arteries (1) 1
atp感受性 (1) 1
atropine (1) 1
avnrt (1) 1
brugada症候群 (1) 1
cardiac conduction ststem (1) 1
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


Nihon Rinshō Masui Gakkai shi, ISSN 0285-4945, 2018, Volume 38, Issue 4, pp. 454 - 458
自殺企図で市販のカフェイン含有薬の多量服薬による急性カフェイン中毒の症例を経験した.症例は,18歳,男性.急性カフェイン中毒の全身管理目的にICUに入室した.症状として発作性上室性頻拍(paroxysmal supraventricular... 
デクスメデトミジン | 発作性上室性頻拍 | カフェイン中毒
Journal Article
Nihon Rōnen Igakkai zasshi, ISSN 0300-9173, 2017, Volume 54, Issue 3, pp. 314 - 321
Journal Article
Shinzo, ISSN 0586-4488, 2010, Volume 42, Issue SUPPL.4, pp. S4_61 - S4_69
症例は51歳, 男性. 心房刺激で洞結節近傍心房頻拍, 通常型心房粗動, 心房細動に加えてjump upを伴いHis束と冠静脈洞(CS)入口部を最早期興奮部位とする異なる2種類の発作性上室性頻拍が誘発された. それぞれの頻拍は相互に移行する特徴を認めた. 心室刺激では興奮順序の異なる3種類の室房伝導を認め,... 
房室結節リエントリー性頻拍 | 房室リエントリー性頻拍 | 発作性上室性頻拍 | カテーテルアブレーション
Journal Article
心身医学, ISSN 0385-0307, 2018, Volume 58, Issue 8, pp. 740 - 746
Journal Article
Shindenzu, ISSN 0285-1660, 2003, Volume 23, Issue 3, pp. 262 - 270
[目的] 発作性上室性頻拍 (PSVT) における心電図ST低下の特徴とその成因について検討した. [方法] 対象はPSVT91例 (男51例, 女40例, 年齢47±16歳) で, 年齢と頻拍周期, およびST低下の程度 (ΣST) の関係を検討.また頻拍による心筋乳酸代謝の変化を, さらに9例ではタリウム... 
乳酸代謝 | カテコラミン | 心筋灌流障害 | 発作性上室性頻拍 | ST低下
Journal Article
Nihon Rinshō Masui Gakkai shi, ISSN 0285-4945, 2012, Volume 32, Issue 4, pp. 590 - 596
周術期は頻脈になりやすく,頻脈は頻脈性不整脈を誘発しやすい.適切な麻酔深度,鎮痛,輸液管理が重要である.循環が不安定になる頻脈性不整脈が発生した場合,同期下カルディオバージョン(同期電気ショック)が必要である.比較的安定しているnarrow QRS... 
心房細動 | 発作性上室性頻拍症 | カルディオバージョン
Journal Article
Nihon Rinshō Geka Gakkai zasshi, ISSN 1345-2843, 1998, Volume 59, Issue 7, pp. 1825 - 1828
A 37-year-old man complaining of palpitation on exercise was referred to the hospital with diagnoses of esophageal hiatus hernia and paroxysmal... 
食道裂孔ヘルニア | 発作性上室性頻拍
Journal Article
Shindenzu, ISSN 0285-1660, 1998, Volume 18, Issue 3, pp. 288 - 299
【目的】冠静脈洞開□部(CSO)を最早期心房興奮部位とする房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT)の特徴を明らかにする. 【対象・方法】AVNRT 91例92頻拍(男46例, 女45例, 47±18歳)を対象とし, 通常型AVNRT(AH>HA)で,... 
房室結節 | 発作性上室性頻拍 | 非通常型房室結節リエントリー
Journal Article
Shinzo, ISSN 0586-4488, 2006, Volume 38, Issue Supplement3, pp. 79 - 85
症例は65歳,男性.主訴は失神発作.家族歴では兄が66歳で突然死.2004年10月,屋外で作業中に失神を起こし近医受診.12誘導心電図ではBrugarda型心電図を呈し,Holter心電図上,非持続性のwide QRS... 
Brugada症候群 | 房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT) | 発作性上室性頻拍症(PSVT) | カテーテルアブレーション
Journal Article
新潟医学会雑誌, ISSN 0029-0440, 1992, Volume 106, Issue 9, pp. 817 - 823
「緒言」Ca-チャンネルブロッカーであるVerapamilは, 洞結節や房室結節などのSlow fiberを抑制して不応期を延長し, 伝導速度を低下させる作用により, 発作性上室性頻拍の停止と予防に広く使用されている. 最近, われわれはverapamil静注後の早期期外刺激で,... 
Journal Article
医療, ISSN 0021-1699, 1991, Volume 45, Issue 8, pp. 744 - 750
「要旨」電気生理学的検査を行った発作性上室性頻拍患者17例中房室結節リエントリー性頻拍(AVNR)と診断した5例において, AVNR誘発への自律神経系の修飾効果を検討した・5例中4例ではコントロールの右房早期刺激(S1・S2法)にて房室伝導曲線(A2-H2間隔)上jump(100-200ms)を生じ,... 
Journal Article
医療, ISSN 0021-1699, 1986, Volume 40, Issue 9, pp. 855 - 859
「要旨」薬剤抵抗性の発作性上室性頻拍症に対し, multiprogrammable pacemaker(MP)の単独使用は頻拍停止効果がなく, 薬剤との併用によりMPが有効となった症例を経験したので報告する. 症例は52才の女性, 頻拍発作を繰り返し, digitalis各種抗不整脈剤投与でも停止せず,... 
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.