X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
肉芽 (1311) 1311
肉芽腫 (1120) 1120
肉芽腫症 (339) 339
日本 (337) 337
学会 (315) 315
気管 (292) 292
気管支 (231) 231
好酸球 (160) 160
内視鏡 (156) 156
症例 (146) 146
呼吸 (143) 143
吸器 (138) 138
呼吸器 (138) 138
血管 (135) 135
狭窄 (133) 133
血管炎 (131) 131
病変 (129) 129
部会 (127) 127
好酸球肉芽腫 (125) 125
好酸球性肉芽腫 (124) 124
アレルギー (121) 121
診断 (118) 118
治療 (117) 117
形成 (116) 116
内視鏡学 (114) 114
細胞 (104) 104
疾患 (93) 93
本気 (90) 90
発生 (89) 89
気道 (87) 87
関東 (87) 87
検討 (86) 86
小児 (81) 81
黄色 (80) 80
学術 (76) 76
研究 (76) 76
きいろ (74) 74
サルコイドーシス (74) 74
黄色肉芽腫 (74) 74
炎症 (72) 72
組織 (72) 72
色肉 (72) 72
外科 (70) 70
合併 (67) 67
サルコイド (65) 65
臨床 (65) 65
類肉腫 (65) 65
異物 (64) 64
発症 (64) 64
慢性 (63) 63
科学 (63) 63
granuloma (62) 62
切除 (62) 62
多発 (60) 60
サルコイド症 (59) 59
類肉腫症 (59) 59
総会 (57) 57
スター (54) 54
ポスター (54) 54
集会 (54) 54
外科学 (52) 52
wegener肉芽腫症 (49) 49
研究会 (49) 49
気管支鏡 (48) 48
黄色肉芽腫性胆嚢炎 (48) 48
慢性肉芽腫症 (47) 47
一般 (45) 45
病理 (45) 45
鑑別 (45) 45
肉芽肿 (44) 44
wegener's granulomatosis (43) 43
感染 (42) 42
結核 (40) 40
下あご (39) 39
下顎 (39) 39
中心 (39) 39
喉頭 (39) 39
困難 (39) 39
経過 (39) 39
腫瘍 (39) 39
アレルギー学 (38) 38
リンパ (38) 38
巨細胞 (38) 38
生検 (38) 38
こう頭 (37) 37
小児外科 (37) 37
小児外科学 (37) 37
日本アレルギー学会 (36) 36
軟部 (36) 36
大会 (35) 35
顎骨 (34) 34
免疫 (33) 33
肉芽形成 (33) 33
閉塞 (33) 33
アレルギー性肉芽腫性血管炎 (32) 32
レーザー (32) 32
有効 (32) 32
eosinophilic granuloma (31) 31
レーザ (31) 31
地方 (31) 31
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


日本耳鼻咽喉科学会会報, ISSN 0030-6622, 2017, Volume 120, Issue 2, pp. 123 - 130
EGPAは好酸球増多, 末梢神経障害を特徴とする全身性血管炎であり, 気管支喘息・好酸球性副鼻腔炎が先行して発症することが知られている. 近年, EGPAとIgG4の関連性についての報告が散見されている. 本症例では気管支喘息・好酸球性副鼻腔炎の経過中に末梢血好酸球の上昇, 血管炎症状に加え血中IgG4異常高値,... 
Journal Article
日本臨床外科学会雑誌, ISSN 1345-2843, 2017, Volume 78, Issue 5, pp. 983 - 987
GISTを疑い切除した寄生虫による胃好酸球性肉芽腫の1例を報告する.症例は65歳の女性で,Helicobacter... 
胃好酸球性肉芽腫 | 粘膜下腫瘍 | 寄生虫感染
Journal Article
日本大腸肛門病学会雑誌, ISSN 0047-1801, 2018, Volume 71, Issue 1, pp. 33 - 36
Journal Article
肝臓, ISSN 0451-4203, 2015, Volume 56, Issue 3, pp. 96 - 102
症例は39才,男性で背部痛を主訴に来院した.ペット飼育歴があるが,鮮魚以外の生肉食歴はない.精査で肝S7に1.5... 
腹腔鏡下肝切除 | イヌ・ネコ回虫 | I型アレルギー | 内臓幼虫移行症 | 肝好酸球性肉芽腫
Journal Article
日本外科系連合学会誌, ISSN 0385-7883, 2014, Volume 39, Issue 4, pp. 751 - 755
黄色肉芽腫性胆囊炎(xanthogranulomatous... 
FDG-PET | 黄色肉芽腫性胆囊炎 | CA19-9
Journal Article
日本内科学会雑誌, ISSN 0021-5384, 2017, Volume 106, Issue 1, pp. 90 - 98
64歳,男性.7日前から発熱と湿性咳嗽が出現し,抗菌薬で改善なく,当センターを紹介された.入院後,肺炎として抗菌薬投与を続けていたが,大量下血を来たし,血管塞栓術を施行した.さらに,急性呼吸不全のため気管挿管となった.PR3(proteinase 3)-ANCA(anti-neutrophil cytoplasmic... 
多発血管炎性肉芽腫症 | 呼吸不全 | PR3-ANCA | 消化管出血 | リツキシマブ
Journal Article
日本内科学会雑誌, ISSN 0021-5384, 2014, Volume 103, Issue 1, pp. 166 - 172
2011年にチャペルヒルで行われた会議で新たなチャペルヒル分類が発表された.その中でWegener's granulomatosisはGranulomatosis with Polyangiitis(Wegener's)(GPA),Churg-Strauss syndromeはEosinophilic... 
顕微鏡的多発血管炎 | ANCA関連血管炎 | 多発血管炎性肉芽腫症(Wegener肉芽腫症) | 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(Churg Strauss症候群)
Journal Article
整形外科と災害外科, ISSN 0037-1033, 2016, Volume 65, Issue 1, pp. 78 - 81
木村氏病(軟部好酸球性肉芽腫)は, 全身の軟部組織, 特に頭頸部に好発する好酸球浸潤を伴う炎症性肉芽腫である. 上腕発症例の報告は少なく, 本症を経験したので報告する. 症例は, 36歳男性. 特に誘引なく右上腕の腫瘤に気が付き掻痒感が強く近医を受診, MRI検査を施行し上腕の軟部腫瘍の疑いで当院を紹介された.... 
Journal Article
日本消化器内視鏡学会雑誌, ISSN 0387-1207, 2017, Volume 59, Issue 5, pp. 1335 - 1336
Journal Article
昭和学士会雑誌, ISSN 2187-719X, 2017, Volume 77, Issue 4, pp. 442 - 447
Journal Article
日本外科系連合学会誌, ISSN 0385-7883, 2014, Volume 39, Issue 6, pp. 1175 - 1180
Journal Article
日本呼吸器外科学会雑誌, ISSN 0919-0945, 2016, Volume 30, Issue 1, pp. 108 - 112
リンパ腫様肉芽腫症は両側肺野に血管侵襲性に増殖,多発するまれな疾患であるが,今回我々は,無症状の孤立性肺結節として指摘され,肺癌との鑑別が困難であった稀少な1例を経験したので報告する.症例は85歳女性.左腎癌術後経過観察中の胸部CTで右肺中葉に23... 
リンパ腫様肉芽腫症 | EBウイルス | 孤立性肺結節
Journal Article
Progress of Digestive Endoscopy, ISSN 1348-9844, 2014, Volume 85, Issue 1, pp. 140 - 141
Xanthogranulomatous cholecystitis (XGC) is difficult to differentiate from malignant tumors, such as gallbladder and bile duct carcinoma. We report a case of... 
黄色肉芽腫性胆囊炎 | 胆囊癌
Journal Article
日本小児外科学会雑誌, ISSN 0288-609X, 2015, Volume 51, Issue 6, pp. 1065 - 1069
症例1 は9 歳男児.右鼠径ヘルニアの診断で根治術を行ったところ,ヘルニア囊内に大網に被覆された腫瘤を認めた.病理組織学的検査では虫体の破壊が強く種別の判定は困難であったが,血清免疫学的検査によりアニサキス抗体の陽性反応を認め,アニサキス肉芽腫症と診断した.症例2 は2... 
アニサキス肉芽腫症 | 鼠径ヘルニア
Journal Article
日本呼吸器外科学会雑誌, ISSN 0919-0945, 2018, Volume 32, Issue 4, pp. 529 - 532
症例は56歳,男性.糖尿病治療前の胸部CTにて前縦隔に境界が比較的明瞭な約2 cmの結節を認めた.MRIにてT1・T2強調像共に筋肉と等信号を示した.胸腺腫や気管支原生囊胞,リンパ管腫を疑い,診断・治療目的に胸腔鏡下縦隔腫瘍摘出術を施行した.術中所見では左腕頭静脈腹側の胸腺内に約2... 
コレステリン肉芽腫 | 縦隔腫瘍
Journal Article
日本呼吸器外科学会雑誌, ISSN 0919-0945, 2018, Volume 32, Issue 1, pp. 24 - 28
Journal Article
日本外科系連合学会誌, ISSN 0385-7883, 2014, Volume 39, Issue 2, pp. 264 - 270
Journal Article
東京女子医科大学雑誌, ISSN 0040-9022, 2014, Volume 84, Issue suppl-2, pp. 295 - 298
「緒言」術中迅速診断は凍結切片による迅速組織診が一般的であるが, 1927年のDuggeon and Patrickによる術中迅速細胞診の日常診断への導入以来, その有効性は多くの分野で確認され, 特に中枢神経系腫瘍の術中診断では必須の方法となっている. 東京女子医科大学病理診断科では, リンパ節の転移の有無,... 
Journal Article
臨床神経学, ISSN 0009-918X, 2014, Volume 54, Issue 3, pp. 231 - 233
症例は58歳女性である.気管支喘息で加療されている.右下肢のしびれ感で発症し10日後に入院した.両下肢遠位優位の筋力低下と感覚障害,激烈な疼痛,紫斑,白血球2.4×104/μl(好酸球59.2%),神経伝導検査で四肢運動神経活動電位の振幅低下があり,皮膚生検を施行し(eosinophilic... 
免疫グロブリン大量療法 | 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 | アレルギー性肉芽腫性血管炎 | ステロイド抵抗性 | Churg-Strauss症候群
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.