X
Search Filters
Format Format
Subjects Subjects
Subjects Subjects
X
Sort by Item Count (A-Z)
Filter by Count
配列 (1676) 1676
塩基配列 (302) 302
解析 (268) 268
塩基 (259) 259
遺伝子 (244) 244
研究 (204) 204
構造 (166) 166
遺伝 (153) 153
dna (141) 141
タンパク質 (133) 133
分子 (119) 119
蛋白 (116) 116
たんぱく (115) 115
たん白 (115) 115
タンパク (115) 115
日本 (115) 115
蛋白質 (113) 113
アミノ酸配列 (110) 110
たんぱく質 (107) 107
プロテイン (107) 107
特性 (103) 103
ゲノム (100) 100
アミノ酸 (92) 92
タンパ (74) 74
情報 (74) 74
検討 (73) 73
アミノ (72) 72
ウイルス (72) 72
系統 (71) 71
領域 (70) 70
粒子 (67) 67
学会 (62) 62
生物 (62) 62
同定 (61) 61
評価 (61) 61
pcr (59) 59
制御 (59) 59
影響 (58) 58
特集 (57) 57
一般 (55) 55
利用 (54) 54
機能 (53) 53
決定 (53) 53
開発 (53) 53
次元 (52) 52
ビールス (51) 51
関係 (51) 51
設計 (50) 50
sequence (48) 48
種 (48) 48
細胞 (48) 48
array (47) 47
システム (47) 47
分離 (47) 47
形成 (47) 47
検出 (47) 47
構成 (47) 47
比較 (47) 47
技術 (46) 46
白質 (45) 45
科学 (45) 45
細菌 (45) 45
ミトコンドリア (44) 44
分析 (44) 44
効果 (43) 43
発現 (42) 42
結晶 (41) 41
アンテナ (40) 40
データ (40) 40
分布 (40) 40
工学 (40) 40
酵素 (40) 40
変異 (39) 39
規則 (39) 39
進化 (39) 39
大会 (38) 38
液晶 (38) 38
クロー (37) 37
using (35) 35
円柱 (35) 35
手法 (35) 35
材料 (35) 35
空間 (35) 35
モデル (34) 34
応用 (34) 34
組織 (34) 34
nucleotide sequence (33) 33
伝達 (33) 33
推定 (33) 33
gene (32) 32
analysis (31) 31
作用 (31) 31
性 (31) 31
熱 (31) 31
環境 (31) 31
部分 (31) 31
リキッドクリスタル (30) 30
上 (30) 30
実験 (30) 30
方法 (30) 30
more...
Language Language
Publication Date Publication Date
Click on a bar to filter by decade
Slide to change publication date range


日本水産学会誌, ISSN 0021-5392, 2017, Volume 83, Issue 2, pp. 163 - 173
北海道から東北太平洋沿岸の産卵場9か所において2003年から2014年に採取したニシン16標本618個体についてmtDNA調節領域の塩基配列549... 
Last Glacial Maximum | 東日本大震災 | ニシン | 温暖化 | 進化 | 系統地理
Journal Article
日本食品微生物学会雑誌, ISSN 1340-8267, 2012, Volume 29, Issue 4, pp. 221 - 229
In this study, we aimed to evaluate the usability of some genetic markers which were previously reported the capability to identify Fusarium isolates based on... 
beta-Tubulin | Fusarium | Nucleotide sequence homology
Journal Article
陸水學雜誌, ISSN 0021-5104, 01/2017, Volume 78, Issue 1, pp. 35 - 43
兵庫県南部のため池20面から採集したユスリカ幼虫標本についてミトコンドリアDNA... 
池20面 | 72種 | COI領域 | 兵庫県南部 | ミトコンドリアDNA | 区分 | 塩基配列 | ユスリカ幼虫標本 | |
Journal Article
家族性腫瘍, ISSN 1346-1052, 2017, Volume 17, Issue 1, pp. 18 - 19
遺伝子バリアントを報告,交換するにあたっては,標準化された記載法が必須である.Human Genome VariationSociety(HGVS)は2000... 
Human Genome Variation Society | 参照配列 | バリアント
Journal Article
家族性腫瘍, ISSN 1346-1052, 2017, Volume 17, Issue 2, pp. 44 - 45
今回もシリーズ第1回に引き続き, Human Genome Variation Society(HGVS)による最新の記載法に基づき, 例をあげながら, 初心者向けの解説を試みる. 2回目として塩基の挿入, 欠失を伴うバリアントのDNAの記載法について概説する. 最後に解説を補足する意味でQ&Aを設ける. 「I.... 
3'ルール | 参照配列 | バリアント | Human Genome Variation Society
Journal Article
YAKUGAKU ZASSHI, ISSN 0031-6903, 2017, Volume 137, Issue 7, pp. 823 - 830
As an alternative to hybridoma technology, the antibody phage library system can also be used for antibody selection. This method enables the isolation of... 
high-throughput sequencing | antibody phage library | biopanning
Journal Article
日本水産学会誌, ISSN 0021-5392, 2015, Volume 81, Issue 6, pp. 958 - 963
キンメダイは世界中の温帯亜熱帯域の水深 300-1300 m に生息し,底魚漁業において重要な魚種の一つである。しかし,キンメダイの集団構造の詳細は明らかになっていない。北太平洋 4 地点,南インド洋 3 地点,北大西洋 1 地点から集めたキンメダイについて,mtDNA... 
北大西洋 | 南インド洋 | 北太平洋 | キンメダイ | 調節領域 | 集団構造 | このこ | 世界中 | 集団間 | 塩基配列 | mtDNA調節領域 | 推定 | | 温帯亜熱帯域
Journal Article
肝臓, ISSN 0451-4203, 2015, Volume 56, Issue 11, pp. 625 - 627
We recently encountered 2 cases of acute hepatitis E virus (HEV) infection occurring within a span of one year. Both patients resided within a radius of... 
E型肝炎ウイルス | E型急性肝炎 | 分子系統解析
Journal Article
日本食品微生物学会雑誌, ISSN 1340-8267, 2016, Volume 33, Issue 2, pp. 69 - 75
「要約」食品等から分離した酵母について, 塩基配列解析法と市販同定キット(API 20C AUX)の同定結果を比較した比較した. 1) 酵母84株の酵母についてrDNA2領域の塩基配列解析法による同定を行った結果, 基準株との塩基配列比較により, 全ての株について同定が可能であった. 2) API 20C... 
Journal Article
魚病研究, ISSN 0388-788X, 06/2016, Volume 51, Issue 2, pp. 54 - 59
アワビ類から検出されたキセノハリオチス症原因菌(WS-RLO)の16S... 
結果 | 既報 | メガイアワビ | Haliotis属アワビ | californiensis | 配列 | | クロアワビ | エゾアワビ | フクトコブシ由来
Journal Article
分析化学, ISSN 0525-1931, 2014, Volume 63, Issue 3, pp. 245 - 253
18SリボソーマルRNA(18S rRNA)遺伝子,5.8SリボソーマルRNA(5.8S rRNA)遺伝子に植物ユニバーサルプライマーを設計し,両遺伝子に挟まれたinternal transcribed spacer 1(ITS 1)領域をポリメラーゼ連鎖反応(PCR)増幅し,増幅されたITS... 
identification | ITS 1 | PCR | foreign substances | plant
Journal Article
日本統計学会誌, ISSN 0389-5602, 2016, Volume 45, Issue 2, pp. 353 - 375
Journal Article
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング, ISSN 0913-5685, 06/2013, Volume 113, pp. 75 - 81
... 
Journal Article
日本線虫学会誌, ISSN 0919-6765, 2014, Volume 44, Issue 2, pp. 49 - 53
本邦でのヨモギツブセンチュウ Subanguina moxae の生息地は点在している。そこで、7 か所の採集地(つくば、大月、安曇、島々、梓川、遊佐および富士川)の個体群において地理的な生息地の違いが塩基配列の違いとして ITS1- 5.8SrDNA-ITS2... 
ITS-rDNA | identification | Subanguina moxae | DNA analysis | scattered distribution
Journal Article
日本写真学会誌, ISSN 0369-5662, 2015, Volume 78, Issue 4, pp. 244 - 247
Journal Article
日本栄養・食糧学会誌, ISSN 0287-3516, 2017, Volume 70, Issue 2, pp. 69 - 75
「要旨」: 我が国の非アルコール性脂肪肝有病率は年々増加し, 2型糖尿病の危険因子でもあるため有効な予防・治療法の提示が急がれる. 本研究では, マウスを用いて高脂肪食誘発性脂肪肝発症予防に効果的な運動時間帯 (食前または食後) および期間 (6週間または9週間) について検討した. その結果,... 
標的遺伝子 | 増加抑制が | 運動期間 | 運動負荷期間 | 増加抑制 | 期間 | 効果 | マウス高脂肪食誘発性脂肪肝発症 | 以上 | 用いて高脂肪食誘発性脂肪肝発症予防
Journal Article
日本シルク学会誌, ISSN 1880-8204, 2019, Volume 27, pp. 133 - 137
Incorporation of an unnatural amino acid bearing an azido group, 4-azido-L-phenylalanine, into the non-repetitive regions of silk fibroin has enabled its... 
click chemistry | unnatural amino acid | azido group | crosslinking | non-repetitive region | silk fibroin
Journal Article
日本複合材料学会誌, ISSN 0385-2563, 2018, Volume 44, Issue 1, pp. 3 - 8
This study investigates the effect of fiber length on the tensile strength of discontinuous fiber composites. Unidirectional composites with a staggered... 
Tensile strength prediction | Failure mechanics | Delamination | Unidirectionally arrayed chopped strands | Discontinuous fiber composites
Journal Article
No results were found for your search.

Cannot display more than 1000 results, please narrow the terms of your search.